教会政治指針

日本キリスト改革長老教会(北米改革長老教会日本中会)提案翻訳案

 

以下の翻訳案で、確定部分(黒)未確定部分(灰色)のように色分けがされています。

 

 

Directory for Church Government

INTRODUCTION

 

The purpose of the Directory is to provide the Reformed Presbyterian Church of North America definitions and procedures to implement the doctrinal statements concerning the nature of the church and its government, as they have been stated in the Westminster Confession of Faith and the Testimony of the Reformed Presbyterian Church of North America. For the purposes of this Directory, "fundamental law" refers to the Westminster Confession and Catechisms and the Reformed Presbyterian Testimony. The "law and order of the church" refers to the Directory for Church Government, the Book of Discipline and the Directory for Worship together with the actions of the Synod.

 These definitions and procedures as set down in this Directory are to be received as official statements declaring the law and order of the church. The Directory may be amended by any given Synod by a two-thirds majority vote. If, however, Synod considers that the item before it should have the consideration and discussion of the sessions, it can by a simple majority vote decide to use the procedure of sending proposed amendments down in overture; however, any such amendments must be adopted by a two-thirds vote of the Synod before they can be sent down in overture to the sessions. 

CHAPTER 1

The Communicant Membership of the Church

 

1. Any person capable of forming moral judgments and of making decisions for himself may be received into communicant membership in the Reformed Presbyterian Church, upon credible profession of faith, baptism, and acceptance of the Covenant of Church Membership. Communicant members have an obligation to present their children for baptism and to do all in their power to rear their children so that they will seek communicant membership in the church.

D-1

教会政治指針

序文

 

この指針の目的は、北米改革長老教会 に対して、ウェストミンスター信仰告白及び北米改革長老教会証言書に述べられている教会の本質とその政治に関する教理的叙述について、それを実際に執行す る際の諸定義や諸手順を提供することである。

この指針で解説されている諸定義や諸 手順は、教会の法と秩序を宣言している公的声明として受け入れられなければならない。この指針は、どの大会においても、投票の3分の2以上の賛成によって、 修正することができる。しかし、大会がその修正案は各小会による考察と議論が必要であると考えるなら、単純過半数の賛成を持ってその修正案を、あえて憲法 改正提案として、送付するための審議に入ることもできる。しかしながら、その修正案が憲法改正提案として小会に送られるには、大会で投票の3分の2以上を 持って可決されなければならない。

 

 

 

 

第1章

教会の陪餐会員

 

1 道徳的判断を形成して、自ら決定 を下すことができる人は誰でも、確かな信仰告白と洗礼と教会員の契約の受諾とによって、改革長老教会の陪餐会員として受け入れられる。陪餐会員は、その子 たちの洗礼を願い出る義務があり、彼らが教会の陪餐会員となることを求めるようになるように、彼らを育てる為に力のかぎりあらゆることを為す義務がある。



2. In a regularly organized congregation it belongs to the session alone to admit to membership in the church. In extraordinary circumstances, such as the organization of a new congregation, presbytery may assume this function or delegate it to a temporary governing body. In the early stages of work in a foreign mission field, special powers may be exercised by the missionaries in this regard until such time as a congregation with a regular session can be organized.

 

3. Classes should be conducted, under the oversight of the session, for baptized children as well as for prospective members for their instruction in the principles of truth maintained by the Church with a view to preparing them to be communicant members.

 

4. Candidates for communicant membership shall be examined by the session in constituted court. The examination shall seek to bring out the degree of the candidate's knowledge of Divine truth, his personal sense of sin and need of salvation and his knowledge of and willing acceptance of the Covenant of Church Membership including the distinctive principles of the Reformed Presbyterian Church. The degree of knowledge necessary for admission depends, to a considerable extent, upon the capacity of the candidate and the opportunities which he has had for acquiring such knowledge. Children should be encouraged to memorize the Shorter Catechism and urged to read and study the Testimony and Confession of Faith as they come to years of fuller understanding. No one should be admitted who is ignorant of the plan of salvation, or who gives no credible evidence of having been born again, or who assumes an attitude antagonistic to the principles set forth in the standards of the Church.

 

5. When the candidates have given assent to the Covenant of Church Membership and when their examination has been sustained, they shall, if they have been baptized, be declared in communicant membership and may sign the Covenant of Church Membership. After prayer on their behalf, the members of the session shall welcome them by extending the right hand of fellowship.

 

6. Where there is no definite knowledge that a candidate has been baptized in a true church as defined by Synod (chap. 25 of the Westminster Confession of Faith and the Testimony of the Reformed Presbyterian Church), this sacrament shall be administered.

 

7. The new members should be publicly recognized. This may be done by having them stand before the congregation to give public assent to the Covenant of Church Membership. The congregation may be asked to join in giving assent to the Covenant. This question shall be addressed to the congregation: "Do you, the members of this congregation, welcome into your fellowship these who have now professed their faith in Christ, and have been received by your session;

D-2

2 正規に組織された会衆において は、教会の会員を認可することは、小会にのみ属する。新しい会衆を組織する場合のような通常でない状況においては、中会がこの機能を果たすことができる し、一時的な統治体(訳註:暫定小会)に、これを委ねることができる。海外の宣教地における働きの初期段階においては、正規の小会を持つ会衆を組織しうる まで、この点に関しては宣教師(訳註:教える長老)たちによって特別な権能が行使される。

 

3 諸準備クラスが、小会の監督の下 に、行われなくてはならない。それは、洗礼を受けた子たちや会員となる願いを持っている者たちのために、陪餐会員となる準備を目的として、教会によって保 持される真理の諸原則を教育するためである。

 

4 陪餐会員の志願者は、正式に構成 された会議の場で、小会によって試問されなければならない。その試問は、志願者の神の真理についての知識・個人的な罪意識、又は、救いの必要の意識・改革 長老教会の特殊原理を含めて陪餐会員の契約についての知識とそれを受け入れる意思との充分性を明らかにすることを求めるものである。受け入れの承認に必要 な知識の度合は、かなりの度合、志願者の能力や、彼がそのような知識を得るために持ち得た機会に依る。子たちは、小教理問答を記憶するように奨励されるべ きで、彼らが充分に理解できる年齢に達したときには、信仰告白と証言書を読んで学ぶように勧められるべきである。救いの計画について無知な者、再生したと いう確かな証拠の無い者、又は、教会の諸基準で述べられている諸原則に対して反抗する態度をとる人は、誰も認可されるべきではない。

 

 

 

5 志願者たちは、教会員の契約に同 意し、又、試問が承認されると、すでに彼らが洗礼を受けている場合は、陪餐会員であると宣言され、教会員の契約に署名する。彼らのための祈りの後、小会の 構成員は、交わりの握手を持って彼らを歓迎する。

 

 

6 志願者が、大会の定めによる真の 教会(ウェストミンスター信仰告白および改革長老教会証言書25章)において洗礼を受けたという確かな記憶がない場合、洗礼の礼典が執行されるべきであ る。

 

 

7 新会員は公に承認されるべきであ る。このことは、新会員が会衆の前で教会員の契約に対して同意を与えてなされるとよい。会衆がその契約に共に同意してもよい。次の問いが会衆に対して問わ れる。「あなたがたは、この教会の会員として、今、キリストに対する信仰を告白し、小会に受け入れられたこの兄弟(姉妹)を、あなたがたの交わりのうちに歓迎しますか。

頁2


and do you promise to help and encourage them in the Christian life?" The congregation should respond, "We do." A few words of counsel may be given to the new members and prayer offered in their behalf.

 

8. Members should willingly consecrate their talents and gifts to the service of Christ. They should prayerfully consider accepting a position in the church when called to do so.

 

9. A member of any congregation of any Reformed Presbyterian Church, in this or other lands, may be received into communicant membership of any congregation of the church, upon presentation of a certificate from the session of his congregation. An applicant from another denomination shall satisfy the session of his acceptance of the basic truths of the historic Christian faith and of the Covenant of Church Membership. Certificates shall be valid for one year only from the date of issue, unless reasons can be shown for the delay in presenting them. If a certificate states exceptions, or grounds of censure, the applicant shall give full satisfaction to the session before being admitted.

 

10. Neglect of the ordinances should be a matter of church discipline; but where a member has, for a period of one year failed to attend, to contribute, or to give any other evidence of interest and cannot be contacted, he may be removed from the roll of communicant membership. The session officially shall attempt to notify him of that action. He may be restored to communicant membership when he has given credible evidence of adherence to the Covenant of Church Membership.

 

11. A member of the Church moving from one congregation to another congregation in the denomination shall be given a certificate of transfer of membership at his request. Notice shall also be given to the session of the congregation to which he desires transfer. A person leaving the membership of the Reformed Presbyterian Church shall also be given a certificate of transfer of membership including any qualifications the session has in its records.

 

12. If a member becomes a member of another denomination without a regular dismissal, the session shall record the fact and remove his name from the roll. If charges are pending against him these charges may be prosecuted.

 

13. A member certified to another congregation of the denomination is under the jurisdiction of the session issuing his certificate of membership until he has been received by the session to which he has been certified, but shall not be entitled to vote or hold office. A certificate of transfer of membership becomes effective immediately. A person restored to membership in a congregation by the return of a certificate of transfer to the session which issued it, is not entitled to exercise the functions of any office previously held. He may, however, be reelected to the same.

 D-3

又、彼らをクリスチャン生活において 助け、又、励ますことを約束しますか。」会衆は答えて、「そういたします」というべきである。奨めの言葉が一言新会員に与えられ、彼らのために祈りが捧げ られる。

 

8 会員たちは喜んで、その才能や賜 物をキリストの奉仕のために聖別して捧げるべきである。彼らは、そのように召された時には、教会での務めを受け入れるように祈り深く考慮すべきである。

 

9 この国の、また、他の国のどの改 革長老教会のどの会衆の会員も、彼の会衆の小会からの証明書を提示することで、この教会のどの会衆の陪餐会員としても受け入れられることができる。他の教 派からの志願者は、彼が歴史的キリスト教信仰の基本的諸真理を受け入れ、陪餐会員の契約を受け入れているということについて、その小会を満足させなければ ならない。証明書は、それの提示が遅れた理由を示すことができる場合のほかは、発行の日付より1年間のみ有効である。証明書に留保条件、又は、戒規の論拠 がしるされている場合は、志願者は認可される前に小会に対して十分な満足を与えなければならない。

 

10 定められた礼拝や礼典などに対 する怠慢は教会訓練(戒規)の事柄とされなければならない。しかし、会員が一年の期間、教会出席をせず、献金もせず、関心を示しているという証拠もなく、 しかも、接触することができない場合、彼は陪餐会員名簿から除かれうる。小会は、その決定について彼に公式に通告するように努力すべきである。彼が、教会 員の契約を固守しているという確かな証拠を示した時には、彼は陪餐会員に復帰することができる。

 

11 この教派の中で、教会員が一つ の会衆から別の会衆に移る場合、彼の願いに応じて、教会員籍の転出のための証明書が彼に与えられなければならない。彼が転出したいと望む会衆の小会に対し ても、通知がなされなければならない。改革長老教会の教会員籍から離れる人にも、教会員籍の転出のための証明書が、小会記録にあるすべての資格を付記し て、与えられる。

 

 

12 もし会員が通常の退会でなくし て別の教派の会員になる場合、その小会はその事実を書き留め、彼の名前を名簿から取り除かなくてはならない。もし、訴えが彼に対してなされて係争中である 場合、これらの訴えは起訴されうる。

 

13 この教派の別の会衆への転出証 明を受けた会員は、彼が転出証明の示す小会によって受け入れられるまで、彼の教会員籍を発行した小会の管轄下にある。しかし、投票権と役職の資格は与えら れない。教会員籍の転出のための証明書は、直ちに有効となる。ある人が、その転出証明をそれを発行した小会に返却することによって会衆における会員権を回 復された場合、その人は、以前持っていた役職につくことができない。しかし、その同じ役職に再選されることができる。

頁3


14. Presbytery may establish a temporary roll of membership. Such a roll may be used for a mission church or may authorize the temporary governing body to receive members on such a roll. It may also be used when a congregation becomes disorganized. It is to be considered a temporary roll. In the case of disorganization, those placed on the rolls of presbytery should become members of another congregation within one year. Diligent effort should be made to retain members in the Reformed Presbyterian Church.

 

CHAPTER 2

 

The Congregation

 

1. A congregation is organized on the basis of the standards of the Reformed Presbyterian Church and in conformity with its law and order. A fully organized congregation is made up of a group of members with a session of elders for the oversight of the congregation and a board of deacons responsible chiefly for the ministry of mercy and stewardship. The teaching elder/pastor is a member of the congregation and his ministerial credentials are held by the presbytery. Presbyteries are directed to exercise due care and diligence to see that both sessions and boards of deacons are duly chosen, ordained and established in every congregation under their care. All ordained officers shall be chosen by vote of the congregation, and every communicant member shall have an equal voice in such choice.               

 

2. Children of communicant members of the Church, in consequence of their covenant relationship, shall receive baptism, pastoral care and instruction, and are baptized members of the Church, but are not to be admitted to the Lord's Supper until they have reached years of understanding and have voluntarily professed their faith in Christ and assumed for themselves the vows and obligations of the Covenant of Church Membership. Baptized members have no vote in the congregational meetings.

 

3. Persons, not members of the congregation, who regularly attend the services, participate in the worship, and contribute to the support are known as adherents. They have no vote in the congregational meetings.

 

4. In many states or provinces, congregations are required to have a Board of Trustees in whom the title of the church property is vested and who represent the congregation in all legal matters. The Board shall be elected from the membership of the congregation and shall have no duties beyond those necessary to fulfill the legal requirements. For efficiency in handling its affairs, the membership and officers of the Board of Trustees may be identical with or chosen from the Board of Deacons.

 

5. The session shall have general oversight and review of all organizations within the congregation. These may include a Sabbath school for study based on the Scriptures: a mid-week meeting; missionary and young people's societies, and other fellowship groups.

D-4

14 中会は、教会員籍の臨時名簿を 設けることができる。そのような名簿が伝道所(ミッション・チャーチ)のために用いられる。さもなければ一時的な統治体(暫定小会)にそのような名簿の会 員を受け入れる権能を与えることになる。会衆が解散した時もこの名簿は使用される。これは一時的な名簿であるとみなされるべきである。会衆が解散した場 合、中会の名簿に載った人々は一年以内に他の会衆の会員とならなければならない。会員たちを改革長老教会の中に保つために精励な努力がなされなければなら ない。

 

第2章

 

各個教会(会衆)

 

1 各個教会(会衆)は、改革長老教会の諸基準に基づき、その法と規定に一致して、組織される。完全に組織された各個教会は、その会衆の監督のための長 老たちによる小会と、主として慈善と管理(スチュワードシップ)についての奉仕に責任を持つ執事会のある会員たちによる一つの群れからなる。宣教長老すな わち牧師は、その各個教会の会員であり、彼の牧会資格証明書は中会によって管理される。中会は、小会や執事会が、中会の監督の下ですべての各個教会で正し く選ばれ、按手され、設立されているかをみるために、それにふさわしい配慮と勤勉さを行使せねばならない。すべての按手された役員は、各個教会の投票に よって選ばれ、すべての陪[注1] 会員は、そのような選択において同等の投票権を持たなくてはならない(陪餐停止中は投票権を持たない)。

 

2 教会の陪餐会員の子たちは、彼ら の契約的関係の結果、洗礼と牧会的配慮と教育とを受け、教会の[幼児]洗礼会員ですが、彼らが思慮分別のできる年齢に達し、自発的にキリストへの信仰を告 白し、彼ら自身で教会員の契約の誓約や義務の責任をとるまで、主の晩餐にあずかることはできない。幼児洗礼を受けた会員は、各個教会の会員会議で、投票権 を持たない。

 

 

3 各教会の会員でない人々で、定期 的に教会の礼拝式に出席し、礼拝を行い、教会の支援に貢献している人は、教友(訳註:求道者と客員)として知られる。彼らは各個教会の会員会議で投票権を 持たない。

 

 

4 多くの(国、又は)州や県では、 各個教会は教会財産の所有権が帰属し、すべての法律的事柄についてその各個教会を代表する、管財理事会(訳註:法人責任役員会)を持つことが求められる。 管財理事会はその各個教会会員から選出され、法律的要求を満たすために必要なことを超えてどのような義務も持ってはならない。その所管事務を処理するため に効果的であるために管財理事は、執事会と同じか執事会から選ばれることができる。

 

5 小会は、その各教会内の、すべて の団体を全体的に監督し、精査をしなければならない

頁4

 


There may be other organizations, as desired, provided they promote the principles, practices and ministries of the Church.

 

6. Any number of persons may petition the presbytery within whose boundaries they reside for the organization of a congregation. Due notice shall be given and an opportunity to be heard shall be afforded to any congregation that might be affected. If the petition is granted, the presbytery shall inform the petitioners and appoint a time and place and proceed with the organization.

 

7. At the appointed time and place, an elder shall constitute the court with prayer followed by a service of worship which shall include a sermon. The court shall then determine the number examined and certified from other congregations and/or the roll of presbytery to form the new congregation. Those wishing to unite upon profession of faith, or presenting certificates from other branches of the true church, may after examination be received into the communicant membership of the congregation. Baptized children of those received shall be placed on the baptized roll.

 

8. After the roll has been determined, all the communicant members of the new congregation shall stand and give assent to the Covenant of Church Membership, as it is read by an elder, and to this additional pledge:  

"Do you solemnly covenant with God and with one another that you will live together in brotherly unity as an organized congregation on the basis of the Constitution of the Reformed Presbyterian Church of North America; that you will be obedient to the courts that are over you in the Lord; and that you will, by a godly life, seek to promote the purity, peace, and prosperity of the church as a whole?"

   Members of the new congregation shall sign the Covenant of Church Membership. An elder shall offer prayer constituting the congregation in the name and by the authority of the Lord Jesus Christ, the King and Head of the Church. The moderator shall then declare the congregation officially organized.

 

9. In the same meeting, under the supervision of presbytery, the congregation shall proceed to the election of elders, the deacons (though deacons are not required for organization), and of trustees if required by civil law. Presbytery shall arrange for the examination, ordination, and/or installation of these officers. In exceptional cases, the readings of the edict may be waived, and those chosen may immediately be examined, ordained, and installed. A commission of presbytery may act as a provisional session until the officers-elect can be ordained and/or installed. All proceedings shall be recorded in the minutes of both the presbytery and the session.

 

10. An independent congregation or a congregation from another denomination desiring to unite with the Reformed Presbyterian Church shall make formal application to the presbytery nearest its location.

 D-5

これには、聖書に基づく学びのための 安息日学校や週間の会合、宣教会(訳註:婦人会)や青年会、その他の交わりのためのグループがある。教会の原理と実践の奉仕を促進するならば、要望に応え て、他の諸団体があってもかまわない。

6 その数が何人でも、彼らが住んで いるその区域の中会に、一つの各個教会を組織するために、請願することができる。十分な告知がなされて、その影響を受けるいかなる教会にも聴取の機会を与 えられなければならない。請願が許可されたなら、中会は請願者たちに通知し、時と場所を指定してその組織の手続きを始める。

 

7 指定された時と場所で、一人の長 老が、祈りをもって(中会)会議を構成し、その後、説教を含む礼拝を行う。それから、その会議は、試問された人々及び、他の各個教会、又は、中会名簿で証 明された人々からなる。人数を、新しい各個教会を形成するために決定しなければならない。信仰の告白によって教会に加入しようとする者、或いは、真の教会 の他の枝からの薦書を提出している者は、試問を経て後、その各個教会の陪餐会員に受け入れられることができる。それらの受け入れられた人々の、洗礼を受け た子たちは、(幼児)洗礼者名簿に載せられる。

 

8 教会員名簿が確定された後で、新 しい教会のすべての陪餐会員は起立し、長老によって読まれる陪餐会員の契約と、以下の誓約に同意を与えなければならない。「あなたがたは、北米改革長老教 会憲法を基礎として組織された一つの教会として、兄弟の一致をもって共に生き、又、主にあって、あなたがたを治めている教会諸法廷(訳註:長老会議)に服 し、更に神を敬う生活によって、教会全体の純潔と平和と繁栄の増進を求めることを、神に対し、又、お互いに対して、厳粛に契約しますか。」新しい教会会員 は、陪餐会員の契約に署名しなければなりらない。長老は、教会の王であり頭である主イエス・キリストのみ名と権威によって、その各個教会(訳註:会衆)を 設立する祈りを捧げる。その後、議長は、その各個教会(訳註:会衆)が公的に組織されたことを宣言する。

 

 

 

 

9 そのおなじ会合において、中会の 監督の下で、その会衆は、長老と執事(執事は、組織化のために要求されないが)と、市民法によって必要とされる場合は、管財理事の選挙にすすむ。中会が、 これらの役員の試問と按手、そして、就任の段取りをしなければならない。

例外的な場合、布告を朗読することは 省略され、選出された者たちは、直ちに、試問され、按手され、就任することができる。中会の特命委員会(コミッション)は、役員として選ばれた者が按手さ れ、就任するまで暫定小会として行為することができる。

すべての議事は、中会と小会の両方の 議事録に記録されなければならない。

 

10 改革長老教会に加入したい単立 教会、他教派からの教会は、場所的に最も近い中会に公式に願い出なければならない。

頁5


Presbytery shall make full investigation of the situation of the petitioning congregation, and shall satisfy itself that the motives and procedures involved will promote the purity and peace of Christ's Church, both for the Reformed Presbyterian branch and that branch from which the congregation is coming. Under normal circumstances, such union should not be hurried, and proper ecclesiastical order must be adhered to closely. The presbytery shall arrange for appropriate discussions and examinations of all the communicant members of the church on the basis of the Covenant of Church Membership, and the ordained officers also on the basis of the vows related to their respective offices. 

  A service of reception shall be planned and conducted by the presbytery, with due notice being given to the congregations/sessions within its bounds. The appointed Moderator shall call the meeting to order, and the court shall be constituted in prayer. The roll shall be made up, and consultative members seated. Letters of welcome may be read. A sermon shall be preached by a presbyter, and the previous steps are to be narrated. The Covenant of Church Membership will then be presented for acceptance to the members of the congregation. The appropriate vows will then be presented to the congregation's officers for acceptance, and the vows shall be signed. A member of the presbytery will lead in a prayer of reception of the congregation in the name of Christ, the Church's King and Head. An address to the newly-received congregation shall be presented by a presbyter, and the court will be adjourned in prayer. The congregation's pastor may be asked to pronounce the benediction.

   Following a congregation's reception, a presbytery shall give particular attention to the settling and absorbing of the new group into the life and fellowship of the denomination.

11. Every congregation is under special obligation to give religious instruction to the youth, to seek the salvation of the lost, and to declare the whole Gospel to all within its reach. A congregation has certain other responsibilities among which are: To elect its own officers; to transact its business; to require reports from its organizations, officers and committees; to petition the courts of the church for any action it may desire; to appeal from decisions of the lower courts to the higher; to maintain the ordinances of public worship; to provide a suitable place of worship and equipment to carry on its activities; to be obedient in the Lord to the law and order of the Church, with care to maintain a godly fellowship in love and loyalty and support to all its members and to the denomination.

12. An annual meeting of the congregation shall be held to elect officers, hear reports and transact business. Special meetings may be called by the session either on its own volition, or at the written request of the board of deacons, or by petition of the congregation, if the purpose(s) be of sufficient importance and in accordance with the law and order of the Church. The purpose(s) of such meeting shall be stated in the notice, and no other business shall be transacted. Notice of all congregational meetings shall be given at the public services on two preceding Lord's Days. If the congregation has no public meeting, ten days' notice by mail or telephone to all who can be reached shall be sufficient.

D-6

中会は、出願している教会の状況を十 分に調査し、そこに含まれている動機や手続きが、(公同教会の)枝である改革長老教会にとっても、その教会が離脱しようとしている枝なる教会にとっても、 キリストの教会の純潔と平和を促進させるものであるとの確信を得なければならない。通常の状況下では、そのような加入は性急にするべきではなく、ふさわし い教会的秩序が忠実に守られなければならない。中会は、その教会の陪餐会員全員と、陪餐会員の契約に基づいて、又、按手されている役員とも、それぞれの役 職に関連した誓約に基づいて、適切な話合いをし、試問する取り決めをしなければならない。受け入れの礼拝は、正式の告知が、その区域内の諸教会や小会に為 されてから、中会によって計画され執行されなければならない。任命された議長は、会議の開会を宣言し、その会議は祈りによって構成される。その会員名簿が 点呼され、中会所属の長老達の臨席が認められる。歓迎の辞が読まれるのがよい。説教が中会の一員によって為され、それまでの経過が述べられる。次に、陪餐 会員の契約が、その会衆の会員たちに朗読される。又、適切な誓約がその教会の役員たちに受け入れられるために朗読され、その誓約の署名が為される。中会の 議員が、教会の王であり、頭であるキリストの御名において、その会衆の受け入れの祈りを導く。新しく受け入れられた会衆への奨励が中会の一員によって為さ れる。その会議は祈りによって閉じられる。その会衆の牧師が、祝祷することを求められるのはよいことである。その教会の受け入れに続いて、中会は、その新 しい団体を、教派の生活と交わりの中で安定し、同化していくように、特別に注意しなければならない。

 

 

 

 

11 すべての各個教会 (会衆)は、青少年に宗教的教育を与え、失われた者の救いを求めそのとどく範囲のすべての者に福音全 体を宣言する特別の義務を負っている。各個教会(会衆)には、以下のようないくつかの責任がある。役員の選出、事務処理、その配下の諸組織や責任者や委員 会から報告を求めること、その会衆が欲するいかなる行為についても教会会議に請願すること、下位会議の決定を上位会議へ上訴すること、公的礼拝の諸規定を 維持すること、礼拝に適する場所やその諸活動を行なう設備を供給すること、愛と忠誠をもって敬虔な交わりを為し、そのすべての会員と教派に対する支えを持 続することに留意しつつ、主にあって教会の法と規定に従順であることである。

 

 

12 各個教会(会衆)の年次会員会 議が役員を選挙し、報告を聞き、事務を処理するために開かれる。臨時会員会議は、その趣旨が十分に重要であり、教会の規定に従っていれば、小会自らの決 定、あるいは執事会の文書による要求、又は、会衆の請願を受けて、小会によって招集される。そのような会議の目的は告示によって述べられなければならず、 他の如何なる議事も取り扱ってはならない。各個教会(会衆)のすべての会議の告示は、会議に先立つ二回の主の日の公同礼拝においてなされなければならな い。その教会が公的な集会を持っていない場合は、連絡可能なすべての人々に、書簡か、電話で10日前に告示することで十分である。

頁6


13. The congregation shall elect its own chairman, vice-chairman, secretary, and treasurer, although the treasurer may be elected by the board of deacons. The congregation and its officers are under the oversight of the session. The congregational meetings shall be governed according to the common rules as applied in ecclesiastical assemblies. The secretary shall record all proceedings in the minutes. Unless otherwise specified in the charter, one-fourth of the active resident communicant membership shall constitute a quorum for the transaction of ordinary business, but no business vitally affecting the welfare of the congregation should be transacted without the presence of at least one-half the active resident communicant membership. A congregation may ask a teaching elder to be absent from the portion of the meeting that concerns his remuneration and/or relationship with the congregation, or a teaching elder may decide to absent himself from that part of the meeting. Meetings for the election of a teaching elder, ruling elders or deacons shall be under the supervision of the session in constituted court and presided over by its moderator.

 

14. A congregation becomes disorganized when the session is reduced to less than two resident elders. Two elders will suffice to hold the organization. The presbytery may enable the congregation to continue its existence by appointing an elder(s) from a neighboring congregation to act with the remaining resident elder as a provisional session until such time as a new elder(s) may be elected. An alternative procedure is to reduce the congregation to a preaching station under the immediate supervision of presbytery.

 

15. Two congregations may agree to unite by a two-thirds majority vote in each congregation and with the sanction of presbytery. The plan of union shall provide for adjustment of the pastorates, of the sessions and boards of deacons, and of other congregational organizations. This plan shall be adopted by each congregation before being made effective by presbytery.

 

16. The congregation, or its boards, holds the property of the congregation in trust for the Synod and cannot divert it from the use to which it was originally intended. The property is in law a trust which the civil courts will protect. If a congregation wishes to change the location of its place of worship, it shall first secure the approval of presbytery both as to removal and as to the new location. A particular congregation shall not sell or mortgage Property without the written permission of the presbytery transmitted through the session of the congregation. When a presbytery determines that a congregation is disorganized, title to all properties held by or for the congregation shall immediately be transferred to Synod's Board of Trustees who shall determine with the counsel of the appropriate presbytery the disposition of such properties and/or proceeds of the same. Distribution of assets or expenditures beyond the normal course of operation may not be made in anticipation of disorganization without prior approval of the presbytery and the Trustees of Synod. (For policies and procedures, see 1972Minutes of Synod, pages 13, 150-152.)

D-7

13 各個教会(会衆)は、議長、副 議長、書記、会計を選出する。会計は執事会が選出してもかまわない。各教会とその役員たちは、その小会の監督下にある。各個教会(会衆)の会員会議は教会 の諸会議において適用される一般的規定において行なわれる。書記は議事録にすべての議事を記録しなければならない。各教会の申し合わせに特別に明記されて いないなら、活動現住陪餐会員の4分の1が通常の議事の取り扱いのための定数を構成するが、教会の福利に重大な影響を与える議事は、活動現住陪餐会員の少 なくとも2分の1が出席しなければ、処理することができない。教会はその給料や会衆との関係においてかかわりのある部分においては教える長老に席をはずす ように求めることができるし、教える長老は会のその部分での退席について自分で決めることができる。教える長老、治会長老、執事の選挙のための会議は、正 式に組織された小会の監督の下に開かれ、小会の議長によって議事が運営されなければならない[注2] 

 

 

 

14 小会の現住長老が二人より少な くなる時に、各個教会は解散される。(注 牧師を含む)二人の長老がおれば、教会の組織を維持していくのに十分である。その各個教会の新しい長老たちが選 出される時まで、中会が近隣の教会から長老たちを任命し、残っている現住長老と共に、働くようにすることによって教会の存続を許可することができる。いま 一つの方法は、その教会を中会の直接管轄下の伝道所に縮小することである。

 

 

15 二つの各個教会は、各々の3分の2以上の投票と、中会の承認を経て、合 併することができる。合併の計画では、それぞれの牧師、小会と執事会、更に各々の教会内での諸団体の調整を準備しなければならない。そのような計画は、中 会によって発効される前に、各々の教会によって採択されなければならない。

 

16 各個教会、又は、その管財理事 (執事会・2章9項を参照)は、教会財産を大会に代わって、保管するものであり、その最初の意図を変えて用いてはならない。その財産は法的にこの世の法廷 が保護する信託である。もしも、一つの各個教会がその礼拝場所を変更したいならば、教会はまず、移転と新しい場所との両方に関して、中会の許可を得なけれ ばならない。ある特定の各個教会は、その小会を通して伝達された文書化された中会の許可書無くしては財産を売却したり抵当に入れたりしてはならない。教会 の解散を中会が決定した場合、その教会によって、又、その教会のために保持されていたすべての財産所有権は、直ちに大会管財理事会に移管され、その委員会 は所轄する中会の助言を得て、そのような財産や収益の処分を決定しなければならない。まえもって、中会及び大会の管財理事会(トラスティー)の承認なし に、教会の解散を見越して、通常の運用の過程を超えて、資産や出金配分が為されてはならない。

(諸政策と手順のためには、1972 年の大会議事録13頁150-152を参照。)

頁7


CHAPTER 3

 

The Officers of the Church

 

The Scriptures indicate no separation of office as regards the ruling and teaching that is to be carried on in Christ's church. According to their qualifications and circumstances elders will exhibit gifts that enable them to discern and meet the needs of the flock through oversight (ruling) and exhortation. Among them will be those more qualified to engage in the study and public proclamation of the Scriptures. This distinction of function warrants the continuance of the popular titles of "ruling elder" and "teaching elder" when understood as stated above. The office of deacon was given by the Holy Spirit to the New Testament church to assist the church in the fulfillment of its ministry.

 

               I. ELDERS: RULING ELDERS

 

              A. Qualifications

 

Those eligible to be called as ruling elders must:

 

1. Be male communicant members in good standing of the Reformed Presbyterian Church.

 

 

2. Evidence the standards of character and conduct consistent with those set forth in 1 Timothy 3:1-7; in Titus 1:5-9; and 1 Peter 5:1-3.

 

3. Be knowledgeable and committed to the subordinate doctrinal standards of the denomination as being consistent with the Scriptures.

 

                     B. Duties

The duties of ruling elders include:

1. Active pastoral care of the congregation.

2. Regular attendance and participation in session meetings.

3. Involvement in and oversight of the teaching ministry of the congregation.

4. Involvement in and oversight of the observance of the sacraments.

5. Training of the whole congregation to mature discipleship.

6. Ministry to the erring and lost.

D-8

第3章

 

「教会の役職にある者」

 

聖書は、キリストの教会の中において 行われるべき治める務めと教える務めについては役職としての区別を示していない。長老たちはそれぞれの資質と働きの状況に応じ、見守る(訳註:又は、監督 する)こと、(すなわち、治めること)と、強く奨めることによって、彼らが群れの必要を見きわめたり、満たしたりする賜物を発揮する。しかし、彼らの中 で、聖書の学びと公的宣布(proclamation)に従事するための資質をより有する者たちが存在する。上記のような理解に立つなら、この同じ長老としての機能の区別は、よく用い られている「治める長老」と「教える長老」という、二つの呼称を持ち続けることを正当なものとする。執事職は、伝道・牧会(ミニストリー)を実現するべ く、教会を支援するために、新約聖書の教会に、聖霊によって、与えられたものである。

 

I長老職:治める長老

A.資格

治める長老として召されるのに適格な 者たちは、

 

1、改革長老教会員として十分な立場 を保つ男性陪餐会員でなければならない。

 

2、テモテへの手紙第一3:1-7、 テトスへの手紙1:5-9.ペテロへの手紙第一5:1-3に定められている人格性と行動についての基準に一貫したものであるということが証明されていなけ ればならない。

 

3.聖書に対して一貫したものとして のこの教会の従属的教理規準に、通じており、また、その立場を自ら執っている者でなければならない。

 

. 義務

治める長老の義務は、以下を含む。

1、会衆のための積極的な牧会的世話 (ケアー)

2、小会への定期的な出席と参与

3、各個教会(会衆)のための教える 働きに参画し、又、監理する(オーバーサイト)

4、聖礼典を遵守に参画し、又、それ を監理する(オーバーサイト)

5、主の弟子としての成熟をめざす全 会衆の訓練

6、誤りに陥っている者や未だ失われ たままの者への牧会

頁8


7. Visitation to the sick and needy.

8. Dedication to the advancement of the whole church of Christ.

9. Regular participation in the higher courts of the church.

10. Meeting jointly with the board of deacons periodically for evaluation and growth in their respective ministries.

 

                  C. Privileges

 The privileges of ruling elders include:

1. Moderation of any court of the church.

2. Permanent membership on his session.

3. Voting membership in the higher courts.

4. When deemed by his session or presbytery to be qualified in the areas of personal godliness, theology, Biblical knowledge and church history he would be eligible for:

 

  a. Occasional ministry of the Word in the congregation at the request of the session or at the request of another court.

 

  b. Occasional ministry of the Word within the denomination where specifically requested by another court.

 

  c. Occasional pronouncing of God's benediction upon His people.

 

5. A ruling elder may qualify for more regular occasional preaching of the Word and pronouncing the benediction at the appointment of his session or another court of the church by satisfying the presbytery of his readiness for this ministry by being examined in personal godliness, English Bible, systematic    theology, and the preaching of an expository sermon. (See Eligibility to Preach, IIc2e).

 

6. Under extraordinary circumstances, to administer the sacraments when specifically appointed to do so on a given occasion by the presbytery.

 

7. Appointment, in special circumstances by presbytery, to serve as a provisional elder of another session.

D-9

7、病気の者や困窮している者の訪問

8、キリストの全教会の進展へ献身

9、教会の上級会議(訳註:中会、大 会)への定期的な参加

10、執事会と定期的に合同で会合を 開き、彼らの関係する牧会の評価と成長を諮すること

 

 

C.特権

治める長老の特権は、以下を含みま す。

1、教会の教会会議(訳註:小会、中 会、大会)の議長を務めること

2、小会の恒久的議員権

3、上級会議の投票権を持つ議員権

4、所属する小会、又は、中会によっ て、神を畏れる個人的な信仰生活、神学、聖書知識教会史の諸分野で資格があるとみなされた時には、その長老は、以下のことをすることができる。

a.その所属する各個教 会(会衆)小会、又は、他の教会会議の要請によって、時おり(オケイジョナル)、み言葉の奉仕をすること。

 

b.他の教会会議の特定 な要請によって、改革長老教会のほかの教会で、時おり(オケイジョナル)、み言葉の奉仕をすること。

 

c.神の祝祷を時おり(オケイジョナル)、宣言すること。

 

5、治める長老は、み言葉のより定期 的な時おり(オケイジョナル)の説教をし、祝祷を宣言する者となる為に、彼の小会、又は、他の 教会老会議の任命によって資格あるものとなることができる。それは、神を畏れる信仰生活、英語(または、日本語)聖書、組織神学、講解説教の演習の各分野 で試験されることを通して、この奉仕のために準備ができていることについて、中会を満足させることによるのである。(説教を為しうる資格については、IIC2eを見よ。)

6、通常でない特別な状況のもとにおいてではあるが、中会によってある特定の 指定された機会について、特別に任命された時に、聖礼典を執行すること。

 

7、中会によって特別な状況のもとで 他の小会の暫定的な長老として仕えるように任命されること。
頁9


              D. Procedure for Election

 

1. Authorization

An election of ruling elders may be authorized as follows:

 a.  The initiative for an election of elders must include one or more of the following:

   (1) An appeal from the congregation to the session to increase the number of elders.

   (2) A judgment of the session that there are qualified men in the congregation and that an increase in the number of elders is needed.

   (3) A directive by presbytery for a session to hold an election under extraordinary circumstances.

 b. An election for elders is to be conducted by the session at a specially called meeting of the congregation.

 

2. Calling a Meeting

The procedure to call a meeting will be:

 a. The session shall issue an edict setting the date, time and place for an election.

 b.  Eight days' notice of the meeting shall be given publicly to the congregation by reading of the edict at the worship services on the two preceding Lord's Days.

 c. If the congregation has no public meeting, ten days' notice by mail or phone to all members who can be reached shall be sufficient.

 

3. Order of Meeting

The order of the meeting shall be as follows:

 a.  The congregation having been called together for the election, the session shall be constituted by the moderator or presbytery's appointee.

 b. The session shall have a complete list of all communicant members of the congregation in good standing from which a quorum is to be determined (one-half of the active communicant resident members). A quorum is necessary for each ballot.

 c.  Inquiry by the moderator if the congregation still desires to proceed with the election.

 d.  The final reading of the edict.

 e. Worship, with a sermon, shall be conducted under the direction of the session.

 f.  The election shall be conducted.

 g.  The court shall be adjourned with prayer.

 

4. Balloting

The election shall be conducted as follows:

 a. The session may indicate their judgment as to the number of positions to be filled by the election. Such judgment shall be based on the needs of the congregation and the evidence of spiritual maturity of potential candidates.

 b. Session may submit a list of nominations.

D-10

D. 選挙の手順

 

1.正当性の付与

治める長老の選挙は、以下のごとき手 順で正当なものとされなければならない。

a.長老たちの選挙の始 まりは、以下のいずれかひとつによらなければならない。

1)会衆からの小会への長老の数を増 やして欲しいとの要請。

2)小会の会衆の中に資格ある人物が いるという判断、しかも、長老の数の増加が必要とされているとの判断。

3)特別な事情と状況の下にあって の、中会のその小会に対して選挙をすべきであるという指導

b.長老の選挙は特別に 召集された会衆の集会(訳註:会員会議)において、小会によって主導されて行なわれる。

 

 

2.集会の招集

その集会を召集するその過程はは以下 のとおりである。

a.小会は「日」・ 「時」、又、「場所」を選挙のために定めて、布告を発布しなければならない。

b.会議のために8日間 の予告が会衆に対して公に為される。それは礼拝において、その集会に先立つ2回の安息日の礼拝でその布告が朗読されることで為される。

c.もし会衆が公的な集 会を持てない状況であるならば、郵送、又、は電話によって連絡しうる限りのすべての会員に10日間、この集会を通知することで十分である

 

3.集会の順序

集会の順序は以下のとおりである。

a.選挙のために会衆が 招集されて、小会が議長、又、は中会の任命した者の導きのもとで構成されなければならない。

b.小会は、その会衆の すべての陪餐会員の中で十分な立場を保つ者(訳註:公表された戒規にない者)と認められる者についての完全なリストを作成し、それによって定足数を定める ようにしなければならない。定足数は活動現住陪餐会員の半数である。この定足数は投票のたびごとに必要とされる。

c.会衆が今後も尚、選 挙に進で行きたいと願っているかどうかが、議長によって尋ねられる。

d.最終的な布告の朗読 がなされる。

e.小会の指導のもとで 説教を伴った礼拝が執り行われる。

f.選挙が執り行われ る。

g.会議(小会)は祈り を持って閉会する。

 

4.投票

選挙は、以下のように執り行われなけ ればならない。

a.小会は選出されるべ き者の数についての判断を表明することができる。そのような判断は、会衆の必要、可能性のある選出者たちの霊的な成熟の証拠に基づいてなされなくてはなら ない。

b.小会は、選出者指名 リストを提出することができる。

頁10


c. If the session has indicated its desire for a certain number of elders, its list of nominees shall not contain less than that number.

d. Nominations may also be made by a communicant member of the congregation present.

e. The election may also proceed without nominations.

f. Even when nominations have been made, votes may be cast for any qualified candidate.

g. Voting shall be by ballot, and the ballots shall be received by roll call.

h. When the number to be elected is determined, the number of names per ballot is not to exceed the announced number to be elected.

i.. Communicant members unable to attend the meeting may send their votes in writing, enclosed in sealed envelopes which bear their names and are addressed to the session.

j., The use of a nominating ballot is not encouraged; if it is used, absentee votes are valid only on the first electing ballot.

k. Only those receiving at least two-thirds of the votes cast shall be declared elders-elect. Blank ballots shall not be counted in determining the total number of votes cast. A ballot marked "No," indicating that the person desires not to vote for any candidate, should be counted in determining the total number of votes cast.

l  If a two-thirds vote has not been reached after three ballots, the moderator, in consultation with the session, may postpone the election.

m. Two tellers shall be appointed by the moderator to collect the ballots and tabulate the results of the election and report to the moderator.

 

E. Procedure for Examination, Ordination and Installation

 

1. Examination

The examination of an elder-elect shall proceed as follows:

 a. The elder-elect shall notify the session, preferably within two weeks, regarding his intention to accept or decline the call of the congregation.

 b. If the elder-elect indicates his desire to accept the call, the session shall meet in constituted court to examine him with respect to his qualifications as stated above in section I.A.

 c.  The elder-elect shall be examined in his soundness in the faith and commitment to the Testimony of the Reformed Presbyterian Church.

 d. If the session shall judge any elder-elect unfit for the office, it shall not proceed with his ordination and/or installation.

 e. Ordination will not be required if:

    (1) An elder-elect holds ordination in the denomination as an elder.

    (2) An elder-elect is certified as having been ordained to an equivalent office in another true branch of the visible church and has met our denominational conditions to be a ruling elder.

 f. Public ordination and/or installation to the session will be required of all elders-elect who have declared their desire to serve and have been examined and approved by the session.

D11

c.もし小会がある一定 の数の長老を望むということを示したのであれば、その選出者の指名リストはその選出定数と同数、または、それ以上でなくてはならない。

d.選出者の推薦は、そ の会衆会議に出席している陪餐会員の誰によってでも為されることができる。

e.選挙は選出者の指 名、推薦なしでも、進行することができる。

f.もし選出者の指名、 推薦が為されているとしても、投票は有資格な選出対象であるならば誰に対してでも為されることができる。

g.投票は、選出者の名 前を紙に書くことによって為されるものであって、投票用紙は会員名簿の読み上げられた順番で提出される。

h.選ばれるべき者の数 が定められた場合には、一枚の投票用紙に書かれる名前の数は通告されたされたものよりも多くてはならない。

i.その集会に出席することができない 陪餐会員たちは、文書をもって、その投票を送ることができる。それは封筒の表に名前を明記し、封印して小会に宛てて送られなければならない。

j.選出者を推薦するた めの予備投票は奨励されない。もし、それを用いられる場合には、欠席者の投票はこの場合ではなく、ただ選挙の最初の本投票においてのみ、有効とされねばな らない。

k.投票された票の内、 少なくとも3分の2を受けた者が長老選出者として宣言される。白票は全投票数を確定するために数え入れられる。

l.もし3分の2の投票 が3回の投票の内に到達されない時は、議長は小会と協議の上で選挙を延期する事ができる。

m.2人の開票担当者が 議長に任命されて、投票用紙を集め、選挙の結果を集計し、それを議長に報告するべきである。

 

E.試験と按手と就任の手順

 

1.試験

長老選出者の試験は以下のごとく執り 行われる。

a.長老選出者は小会に 対し、できうる限り2週間以内に、会衆の長老職への招聘を受け入れるか、拒むかについての、彼の意思を明らかにしなければならない。

b.もし、長老選出者が その招聘を受諾することを望む旨、示す場合には小会は正式に構成された会議を開いて、先のⅠ-aで述べら れている彼の資質に関して、彼を試問しなければならない。

c.長老選出者は、改革 長老教会証言書への信仰と準拠の決意の健全性を試験される。

d.もし小会が長老選出 者について、不適であると判断した場合は、彼の按手、又は、就任、又は、按手と就任は行なわれない。

e.按手は以下の場合は 求められない。

1)長老選出者が、長老としてこの教 派の中で按手されたことがある場合。

2)長老選出者が、見える教会の真の 枝であるほかの教会で同等の職務に按手されたという証拠を示し、なおかつ我々の教会の治める長老としての条件に合致している場合。

 

f.小会のメンバーとし ての公的な按手、又は、就任、又は、按手と就任は、小会に仕えることを望む旨、明白に言明し、試問され、又、小会によって承認されたすべての長老選出者に たいして、要求される。

頁11

 

2. Authorization

 The session shall authorize the ordination and/or installation in the following manner:

 a. The session shall set the time, date and place for the ordination and installation of qualified elders-elect. (Any objections by the congregation shall be presented to the session in writing prior to the called meeting. Session shall act on the objection prior to the called meeting.)

 b. Notice of the date, time, location, and names of the elder(s)-elect shall be given by the installing session to all sessions within the presbytery.

 

3. Calling a Meeting

 To call a meeting for ordination and/or installation:

  a. An edict shall be prepared by the session.

  b. The edict shall be read eight days prior to the congregational meeting at the worship services on the two preceding Lord's Days.

  c. If the congregation has no public meeting, ten days' notice by mail or phone to all members who can be reached shall be sufficient.

 

4. Order of Meeting

 The order of the meeting shall be as follows:

  a. The session shall be constituted by the moderator or presbytery's appointee, and the privileges of the floor shall be extended to all elders of the denomination present.

  b. A quorum of one-half of the active resident communicant member-ship shall be confirmed.

  c. The edict shall be read for the final time.

  d. Worship, with a sermon, shall be conducted under the direction of the session.

  e. An appointed elder shall narrate the previous steps leading up to the ordination and/or installation.

  f. An appointed elder shall ask the appropriate Queries for Ordination of the candidates and elicit an affirmative response.

  g. Candidates shall publicly sign the Queries for Ordination.

  h.  In the case of ordination and installation the candidate shall kneel for prayer and all elders present shall be invited to join in the laying on of hands.

  i. In the case of installation only an installation prayer shall be offered.

  j. An elder shall offer the prayer of ordination and/or installation in the name and by the authority of Jesus Christ.

  k. The elders shall extend the right hand of fellowship receiving the newly installed elder(s).

  l. Special charges to the newly installed elder(s) and to the congregation should be given at the discretion of the session.

  m. The session shall adjourn and close the meeting with prayer and the benediction.

  n. Opportunity shall be given to the congregation and friends to greet the newly installed elder(s).

D-12

2.権威の付与

小会は按手と就任を以下の手順で公認 する。

a.小会は、時間と日に ちと場所とを、資格ある長老候補者の按手、又、就任式のために、に定める。(会衆によるどのような異議もその招集された集会に先立って文書で小会に提出さ れなければならない。小会はその集会の前にこの異議について決定しなければならない。)

b.日・時・場所、又、 選挙された長老候補の名前の告知が、就任式を行なう小会によって中会内のすべての小会に告知されなければならない。

 

3.集会の招集

按手、又は、就任のための集会を召集 するためには、

a.布告が小会によって 準備される

b.布告は会員会議に先 立つ8日前の礼拝において、すなわち、2回の主の日の礼拝において報告されなければならない。

c.もし、会衆が公的な 集会を持っていない場合には、郵便、又は、電話において到達しうるすべての会員に10日前に告知することを持って足りる。

 

4.集会の順序

集会の順序は、以下のとおりである。

a.小会が、議長、又 は、中会の任命する者によって構成される。そして、その場にいるこの教派のすべての長老たちに発言権(privileges of the floor)が与えられるべきである。

b.活動現住陪餐会員の 2分の1の定足数が確認されなければならない。

c.布告が最終的に朗読 されなければならない。

d.礼拝が説教を伴って 小会の指導のもとに執り行われなければならない。

e.任命された長老が、 按手、又は、就任にいたる過程を述べなければならない。

f.任命された長老が按 手候補者に対して適切に任職誓約を問い、明白な肯定的応答を得なければならない。

g.候補者は、任職誓約 に対して公に署名をする.

h.按手任職と就任の場 合、候補者は祈りのためにひざまづき、すべてのそこにいる長老たちは、その頭に手を置くために集うように招かれなければならない。

i.就任のみの場合には、就任の祈りだ けが捧げられなければならない。

j.長老たちは、按手任 職ないし就任の祈りをイエス・キリストのみ名と権威によって捧げなければならない.

k.長老たちは、新しく 就任した長老を受け入れるために、右の手を持って握手の交わりをしなければならない。

l.新しく就任した長老 に対する特別な勧告、又、会衆に対する特別な勧告が、小会の裁量により、与えられなければならない。

m.小会は祈祷と祝祷を もって閉会し、その集会を閉じる。

n.新しく就任した長老 たちを歓迎するために、会衆と友人知人に対して機会が与えられなければならない。
頁12


5. Cessation of Service on a Session

A ruling elder's service may cease under the following circumstances:

 a. An elder may request the session to accept his resignation from sessional responsibilities within the congregation. Conferring the title of  'emeritus' in cases of long, faithful service should be considered.

 b. An elder whose resignation has been accepted must be re-elected in order to serve again in that office.

 c. An elder no longer serving regularly on the session to which he was installed for reasons of distance, health, or other justifiable reasons may be relieved of his duties; his session shall move with care to relieve him of the official exercise of his office and declare his status to be inactive (i.e. non-   voting). In cases of suspension, see Book of Discipline.

 

 d. An elder or his session may arrange for a sabbatical leave of absence, normally up to one year, during which time he shall be on inactive status.

 e. A congregation may arrange for rotation of elders, subject to the approval of its session and presbytery.

 f. An elder granted an inactive status may be reinstated to active service at the discretion of the session.

 g. An elder ceases to serve on a session when he has moved his communicant membership into the jurisdiction of another session.

6. Removal from Office

 A ruling elder may be removed from office. The following principles shall apply to this procedure:

 a. An elder can be divested of his ordination only by deposition at the hands of his session or presbytery.

 b. The session shall notify the presbytery whenever it intends to initiate deposition procedures by forwarding a copy of the charges.

 c. In extraordinary cases the presbytery may also originate jurisdiction if it concludes that a particular session has been unable to exercise proper discipline over the elder in question.

 d. No elder shall be suspended or deposed except after a fair trial.

 e. Procedure for judicial process is set forth in the Book of Discipline.

7. Cessation of Ordination

 The continuing privileges and responsibilities of ordination would cease if:

  a. An elder is deposed from his ordination by judicial action of a church Court.

  b. An elder's request that his ordination be terminated is granted by a church court after careful consideration.

               II. ELDERS: TEACHING ELDERS

The official proclamation of the Word and administration of the sacraments in the congregation shall be entrusted in ordinary circumstances to the one who has been trained to exercise his teaching gifts.

D13

5.小会における奉仕の停止

治める長老の奉仕は以下の状況のもと で停止される。

a.長老は小会に対し、 その会衆における小会の諸責任から退くことを受け入れるように求めることができる。長期にわたる忠実な奉仕の場合には、「名誉長老」の名称を与えることが 考量されるべきである。

b.その引退が受け入れ られた長老が、もう一度、その会衆での職務に再び就任するためには、再選出されなければならない。

c.距離や健康、その他 の正当化しうる理由のゆえに、就任していた小会に定期的に奉仕することがもはやできなくなった長老は、彼の任務からしばらくの間、解かれることができる。 小会は彼の公的な職務の執行から彼を、配慮をもって休ませて、彼の長老としての立場が「非活動」すなわち、(投票権がない者)となったと宣言することがで きる。特に、長老職の戒規による停止の場合については訓練書を参照せよ。

d.ある長老個人、又 は、小会として、安息年としてその長老職の休職を計画することができる。通常それは1年間であり、その間、彼は非活動の立場となる。

e.会衆はその小会、及 び、中会の承認を得ることを条件として、長老たちの交代奉仕(ローテーシオン)を計画することができる。

f.非活動の立場となる こと認められた長老は、小会の判断によって、活動する立場へと復帰させられることができる。

g.ある長老が彼の陪餐 会員籍を他の小会の法治下に移した場合には、彼はその小会における奉仕を終わる。

6.職務からの免職

治める長老は、職務を免ぜられること がある。以下の原則が、その過程として適用されなければならない.

a.長老はその属する小 会ないしは中会の手による罷免によってのみ、彼の按手を剥奪されることができる

b.小会は、その罷免の 戒規の過程を始める意図を持った時には、いつも中会に対して告訴状の写しと共にその事実を告知しなければならない。

c.通常でない特別な場 合においては、中会もその訓練の過程の判断を始めることができる。ただし、それは中会がある特定の小会が問題となっている長老への適切な訓練を執行するこ とができなかったと最終的に判断した時に限る。

d.公正な審判の過程を 経ずして、いかなる長老もその職務を停止させられたり、免ぜられたりすることがあってはならない.

e.戒規についての法的 過程の手順については訓練書に明記されている。

7.按手の終結

按手に伴い終生続く特権と責任は、以 下の場合に停止されることがある。

a.長老が、教会法廷の 法的な決定によって、その按手から罷免された場合

b.長老の按手の効力を 返上し、終結させたいというある長老の要請があった場合、教会法廷は注意深い十分な検討の後それを許可することがある

Ⅱ.長老職:教える長老

会衆の中での、み言葉の公的な宣布と 聖礼典の執行は、通常の状況においては、その教える賜物を発揮するように特別な訓練を受けた者に委ねられるべきである。
頁13


Those displaying the gift for the teaching ministry shall be encouraged to undertake sufficient academic preparation and present themselves for public examination by presbytery in order to devote themselves to live in obedience to Christ and His Word in full-time ministerial service with all the privileges and duties this involves.

  The elder who publicly teaches exercises a broader responsibility but has no higher authority than any other elder. While all the elders have pastoral responsibilities, common practice warrants the use of the title "pastor" for those who are called as teaching elders of congregations. Congregations whose size  and/or work require additional teaching elders (associate pastors) will follow the same procedure.

  All teaching elders serving whose active duty is in the Armed Forces of Canada or the united States Chaplain Corps and who have been approved by presbytery shall be considered as missionaries employed by their presbyteries and on loan to the Armed Forces of Canada or of the United States, and their presbyteries shall have oversight and require reports of their activities. (See 1985 Minutes of Synod, page 91).

 

 

A. Qualifications

 Along with those qualifications specified in Section I.A., those eligible to be called as teaching elders must display the Spirit's call and gifts to study diligently and proclaim publicly the Word of God (1 Timothy 5:17).

B. Duties

Along with duties specified in Section I.B., the duties of teaching elder include:

 1. Proclaiming God's Word in worship.

 2. Administering the sacraments of Baptism and the Lord's Supper.

 3. Conducting wedding and funeral services.

 

C. Preparation

 1. Initial Steps

To become a teaching elder the following steps must be taken:

 a. He must present himself to his session as one desiring to prepare himself to become a teaching elder.

 b. If the session supports his intentions they shall request presbytery to take him under care.

 c. In ordinary cases he shall complete a bachelor's degree or its equivalent before undertaking specific theological education.

 d. Upon completion of his collegiate degree or its equivalent and his reception by presbytery as a student of theology, he shall be expected to complete the course of seminary instruction required by his presbytery leading to a Master of Divinity or its equivalent

D14

教える働き(ミニストリ)の賜物を現 している者がいるならば、その者たちは中会による公的な諮問のための充分な学問的準備を行うように、励まされなければならない。それは彼らがキリストとそ のみ言葉に服従する人生に彼ら自身の全時間を奉仕として捧げるために彼ら自身を差し出すためであり、そのような奉仕は、様々な特権と、又、同時に様々な義 務とを伴うものなのである。

公に教える立場の長老はより広い責任 をとる働きをするが、しかし、他の長老よりも、より高い権威を持つものではない。すべての長老は等しく、牧会上の牧会的責任をもつのであるが、世々の教会 の通例から、会衆の教える長老として召された者に対して「牧師と云う称号の使用が正当化される。その規模、又は、働きが1人以上の教える長老(副牧師たち)を必要とする会衆は同様の手続きを経 て、それを得なければならない。

カナダ軍、又は、合衆国従軍牧師団の 中において活動の義務を持って仕え、そのように中会によって承認された教える長老たちは、それぞれの中会によって従事させられた宣教師として、カナダ軍、 ないし、合衆国軍に出向しているものと見なされる。したがって、その中会は彼らに対する戒規を含めた霊的な管理を行い、彼らの活動の報告を要求するもので ある。

(1985年大会議事録91頁参照。 訳註:この規定は日本中会には当てはまらないものとされている。)

A.資格

第3章1項Aに明記されている諸資格 に加えて、教える長老としての招聘を受けるに有資格である者たちは、み霊の召命と、勤勉に学び神の言葉を公に宣布する賜物を示すものでなければならない。 (テモテ第一5:17)

B.義務

第3章1項Bに明記されている諸義務 に加えて、教える長老の諸義務は、以下を含む。

1.礼拝において神の言葉を宣布する こと。

2.洗礼と主の晩餐の聖礼典を執行す ること。

3.結婚式及び葬式の司式すること

 

C.準備

1.その第一歩

教える長老となるためには、以下の段 階を踏まなければならない。

a.小会に対し自分自身 を教える長老となるために準備すること望む者として提示しなければならない。

b.もし、小会が彼の意 図を支持するならば、小会は中会に対して中会が彼を、監督下(アンダーケア-)に置くことを求めねばなら ない。

c.通常の場合、大学の 学士の課程を完了するか、又は、それと同等のものを、特別な神学教育を行なう前に終えていなければならない。

d.彼の大学の学位の取 得、又は、同等の資格、及び、中会による彼の神学研修生(student of theology)とし ての受容をもって、彼は、神学修士(M Div)、又は、それと同等のものに至る神学校教育のコースを、 中会の要求に従がって完成すべきものとして期待されることとなる。
頁14


 e. Under ordinary circumstances he shall be expected to attend at least one full year in a Reformed Presbyterian Theological Seminary.

 f. At the end of his first year he shall give evidence to his presbytery that he will continue training to become a teaching elder. (A sermon may be requested of him by his presbytery at this point.)

 g. After favorable evaluation of the evidence presented by the student under care and reception of a favorable report from the seminary, he shall be certified by presbytery to further his seminary training.

 h. The student may be invited to preach only under the direct supervision of a session until he is certified as being eligible to preach.

 i. Licensure by presbytery shall consist of two steps: Eligibility to Preach and Eligibility for a Call.

 

2. Eligibility to Preach (First Step for Licensure)

 To become eligible to preach a student shall follow this procedure:

  a. A student shall become eligible for certification to preach any time after his first year.

  b. The student shall request the seminary to forward to his presbytery an evaluation of his qualifications for ministry and statement of his academic standing.

  c. The candidate shall be examined by his presbytery in constituted court in the following areas:

    (1) Personal godliness

    (2) English Bible

    (3) Systematic Theology and Distinctive Principles

    (4) The preaching of an expository sermon

    (5) The presentation of a paper on church history (Presbytery is responsible to make these assignments which may correspond to assignments fulfilled in seminary.)

 

d. The roll of presbytery shall be called following each area of examination. Members shall respond with a vote of "I sustain" or "I do not sustain." Any member may state the reasons for his vote or make appropriate comments.

 e. If the discourse and examinations are sustained by a two-thirds vote, an appointed elder shall ask the appropriate Queries for Certification to Preach.

 f. Presbytery shall vote by roll call whether to certify him a Candidate to Preach.

 g. If the candidate is approved by a two-thirds vote he shall sign the appropriate Queries for Certification.

 h. An appointed elder shall offer prayer officially certifying the candidate in the name of Christ, the King and Head of the Church.

 i. An appointed elder shall address the candidate with words of counsel as to his duties and the limitations which are as follows:

     (1) He may not administer the sacraments.

     (2) He may not perform marriages.

D15

e.通常の状況におい て、彼は少なくとも1年間改革長老教会の神学校に出席することが期待される。(訳註:神戸神学館の場合は伝道者過程二年が期待される)

f.第1年度の終わりに おいて、彼が教える長老となるための訓練を継続する旨の証しを中会に対して提示しなければならない。(この時点で中会から彼に対して1つの説教を要求する ことができる。)

g.監督下(アンダーケ アー)にある学生から提出された証拠についての肯定的な評価と神学校からのその神学生を好ましい状態とする報告の受領にもとづいて、彼は中会によって、さ らなる神学訓練を受けることを許可された者となる。

h.神学研修生は、説教 することが出来る者として許可が与えられるまでは、小会の直接の指導においてのみ、説教をするために招かれることが出来る。

中会による免許付与者(訳註:日本中 会においてはlicentiateを教師補と呼ぶ。)とは、二つの段階によって構成される。すなわち、説教するに適格である者、又、招聘を受けるに適格である者

2.説教資格(免許付与者の第一段階))

説教をするのに適格である者となる為に、神学生は以下の手続きを踏まなければ ならない。

a.神学校の第一学年を終えた学生はいつでも説教をするための資 格証明試験に適格な者となる。

b.学生は神学校にたいして、中会宛の以下の手紙を提出するよう に求めなければならない。

 1)牧会にかかわる資質についての評価、及び彼の学業成績についての現状に ついての表明である。

c.候補者は、中会によって、その正式に構成された会議において 試験されなければならない。試験の内容は以下の通りである。

1)個人的信仰及び信仰生活

2)英語聖書(日本語聖書)

3)組織神学及び改革長老教会の特徴的原理

4)講解説教を中会の前で説教すること

5)教会歴史についての論文の提出(中会は神学校ですでに完了している学科課 題と関連しているものとしてこれらの課題を作成する責任がある。)

d.それぞれの分野の試験に引き続き、中会の議員点呼が為され、 中会議員はその点呼に対して、「支持します」、又は「支持しません」と明言する投票を持って応答しなければならない。中会の議員は誰でも彼の投票の諸理由 を述べることが出来、又は、適切なコメントを付することが出来る。

e.もし、上記の試験における陳述試験がすべて3分の2の投票に よって支持されたならば、指名された一人の長老は説教をするための資格証明に関するために定められた適切な任職誓約を問わなければならない。

f.中会はその議員点呼に従って、一人一人順番に説教者候補とし て彼を認証するか、否かについて投票する。

g.もし、候補者が3分の2の投票によって、承認された場合には 彼は有資格証明のための適切な誓約に署名を行う。

h.任命された長老は祈りを奉げ、教会の王であり頭であるキリス トの御名において、彼を正式に説教者候補として認証する。

i.一人の任命された長老が、勧めの言葉をその説教者候補に対して述べなければならない。それは彼の諸義務について、又、以下のよう な職務の限界が明言されなければならない。すなわち、

 1)彼は聖礼典を執行できない。

  2)彼は結婚式を司式できない。


     (3) He may not pronounce the benediction.

 j. Presbytery shall adjourn the meeting with prayer and benediction.

 k. The candidate shall be given a certificate of eligibility to preach.

 I. He remains under the care of his presbytery and the jurisdiction of his session.

 m. Certification ordinarily shall be for a term of five years and may be renewed at the discretion of presbytery.

3. Eligibility for a Call (Final Step for Licensure)

To become eligible for a call a student shall follow this procedure:

  a. A student shall be eligible for certification to receive a call at the end of his second year.

  b. The student shall request of the seminary to forward to his presbytery an evaluation of his qualifications for ministry and a statement of his academic standing.

c. The candidate shall be examined by his presbytery in constituted session in the following areas: 

  (1) Evidence of pastoral and evangelistic gifts

    (2) Systematic Theology and Distinctive Principles

    (3) Church History

    (4) The preaching of an expository sermon on an assigned topic

    (5) The presentation of an exegesis paper (Presbytery is responsible to make these assignments which may correspond to assignments fulfilled in seminary.)

  d. The roll of presbytery shall be called following each area of examination. Members shall respond with a vote of "I sustain" or "I do not sustain." Any member may state the reasons for his vote or make

    appropriate comments.

  e. If the discourse and examinations are sustained by a two-thirds vote, an appointed elder shall ask the appropriate Queries for Certification to Receive a Call.

  f. Presbytery shall vote by roll call whether to certify him a Candidate to Receive a Call. This certification must be made by a two-thirds vote.

  g. If the candidate is approved by a two-thirds vote he shall sign the appropriate queries.

  h. An appointed elder shall offer prayer officially certifying the candidate as being eligible for a call in the name of Christ, the King and Head of the Church.

  i. An appointed elder shall address the candidate with words of counsel as to his duties and the limitations which are as follows:

    (1) He may not administer the sacraments.

    (2) He may not perform marriages.

    (3) He may not pronounce the benediction.

   j. Presbytery shall adjourn the meeting with prayer and benediction.

   k. The candidate shall be given a Certificate of Licensure.

   I. He remains under the care of his presbytery and the jurisdiction of his session.

D16

3)彼は祝祷を宣言できない。

j.中会は祈りと祝祷をもって集会を閉じる。

k.説教資格免許の証明書を付与される。

l.彼の神学研修生としての身分は中会の管理下にとどまり、又、 教会法的には小会の監督下にある。

m.証明の有効期間は通常は5年間であるが中会の裁量によって更新される事ができる。

3.牧師招聘資格(免許付与者の第二段階)

 牧師招聘を受けるために適格である者となるには学生は以下の過程を経ねばな らない。

a.神学校の第二学年の終了をもって、学生は招聘を受けるための 資格証明試験に適格な者 となる。

b.学生は神学校にたいして、中会宛の以下の手紙を提出するよう に求めなければならない。

1)牧会にかかわる資質についての評価、及び彼の学業成績につい ての現状についての表明である。

c.侯補者は、中会によって、その正式に構成された会議において 試験されなければならない。試験の内容は以下の通りである。

1)牧会的及び伝道的賜物を与えられている証拠

 2)組織神学及び改革長老教会の特徴的原理

3)教会歴史

 4)指定された項目について講解説教を中会の前で説教すること

 5)聖書釈義論文(中会は神学校ですでに完了している学科課題と 関連しているものとしてこれらの課題を作成する責任がある.)

d.それぞれの分野の試験に引き続き、中会の議員点呼が為され、 中会義員はその点呼に対して、「支持します」、又は「支持しません」と明言する投票を持って応答しなければ ならない。中会の議員は誰でも彼の投票の諸理 由を述べることが出来、又は、適切なコメントを付することが出来る。

e.もし、上記の試験及び陳述がすべて3分の2の投票によって支持されたならば、指名された一人の長老が牧師招聘を受ける ための資格証明に関するために定められた適切な任職誓約を問わなければならない。

f.中会はその議員点呼に従って、一人一人順番に牧師招聘資格侯 補として彼を認証するか否かについて投票する。この資格証明は3分の2の投票によって、為されなければならない。

g.もし、侯補者が3分の2の投票によって、承認された場合には彼は有資格証明の該当する誓約に署名を行う。

h.任命された長老は祈りを奉げ、教会の王であり頭であるキリス トの御名において、彼を正式に牧師招聘を受ける侯補として認証する。

i.任命された長老の一人が、勧めの言葉をその侯補に対して述べなければならない。それは彼の諸義務についてであり、又、以下のような 職務の限界が明言されなければならない。すなわち、

1)彼は聖礼典を執行できない。

2)彼は結婚式を司式できない。

3)彼は祝祷を宣言できない。

j.中会は祈りと祝祷をもって集会を閉じる

k.侯補者は免許付与者の証明 (説教免許)を与えられる

l.彼は神学生として中会の管理下に留まり、又、彼の教会員として小会の監督 下にとどまる

頁16

   m. Certification ordinarily shall be for a term of five years and may be renewed at the discretion of presbytery.

 

D. Procedure for Election

 

1. Authorization

The election of a teaching elder may be authorized as follows:

   a. The initiative for an election of a teaching elder must include one or more of the following:

     (1) An appeal from the congregation through the session to hold an election or an appeal directly from the session to presbytery.

     (2) A directive by presbytery for a session to hold an election under extraordinary circumstances.

 b. An election for a teaching elder is to be conducted by the session at a specially called meeting of the congregation.

2. Calling a Meeting

 The procedure to call a meeting will be:

   a. The session shall issue an edict setting the date, time and place for an election.

   b. Eight days' notice of the meeting shall be given publicly to the congregation, including announcement at the worship services on the two preceding Lord's Days.

   c. If the congregation has no public meetings, ten days' notice by mail or phone to all members who can be reached shall be sufficient.

3. Order of Meeting

 The order of the meeting shall be as follows:

   a. The session shall have a complete list of all communicant members of the congregation in good standing from which a quorum is to be determined (one-half of the active resident members). A quorum is necessary for each ballot.

   b. The final reading of the edict.

   c. Worship, with a suitable discourse, shall be conducted under the direction of the session.

   d. The session shall be constituted by the moderator or presbytery's appointee.

   e.  An election shall be conducted.

   f. The court shall be adjourned with prayer.

4. Balloting

 The election shall be conducted as follows:

   a. Candidates shall ordinarily consist of teaching elders in good standing in the Reformed Presbyterian Church and those certified as eligible for a call (Licentiates) in the denomination.

   b. Teaching elders who are members in good standing in denominations with whom we have fraternal relations who have expressed commitment to the position of the Reformed Presbyterian Church and who have been examined by a presbytery in the denomination may be candidates for a call.

D17

k.候補者は説教をするために適格であるという資格証明(説教免 許)を与え得る彼は中会の監督下に留まるが、その小会が彼についての戒規の権威を保有する。

l.資格証明(説教免許)は通常、5年間有効であり、中会の意向 によって更新されることが出来る。

D. 選挙の公認

1.教える長老の選挙は以下のごとく、公に認められたものとなる。

a.教える長老の選挙の手続きの始まりは少なくとも以下の条件を 満たさなければならない。

1)選挙を行うことについての小会を通してのその会衆からの請願、又、小会か らの中会に対する直接の請願。

2)通常ではない例外的な状況の下においては、小会に対し中会が直接に選挙を 行うように指示をする場合。

b.教える長老の選挙はその為に特別に召集された会員会議におい て小会によって執り行われるべきものである。

 

 

2.会議の召集

会議を召集する手続きは以下の通りである。

a.小会は選挙の日付・時間・場所を定めた布告を発布する。

b.会衆に対して、集会の通知が八日間公示されなければならな い。それはその選挙に先立つ2つの主日の礼拝を含むものである。

c.もしその会衆に公的集会を持っていない場合には、郵送、又 は、電話によって到達しうる全ての会員に対して、少なくとも10日の間は通知が為されることをもってこれに替えることが出来る。

 

 

3.会議の順序

会議の順序は以下の通りである。

a.小会は定足数(活動現住陪餐会員の2分の1)を定められる基 礎となる会員の権利において粗漏のない会衆の陪餐会員全員の完全な一覧表を保有していなければならない。定足数を満たすことは投票のたびごとに必要とされ る。

b.布告を最終的に読むこと

c.ふさわしいなみ言葉の説き証しを伴った礼拝が小会の指導の下 で執り行われる。

d.小会が議長、又は、中会によって任命される者により構成され る。

e.選挙が執り行われる。

f.議場が祈りと共に閉じられる。

4.投票

選挙は以下のごとく執り行われる。

a.候補者は通常、改革長老教会の教える長老として粗漏のない立 場を保っている者及びその教派において招聘を受けることが出来る者として認証された者(免許保持者)によって構成される。

b.私達が友好関係を持っている教派の中において、粗漏のない良 い立場を保っている一員である所の教える長老達も、改革長老教会の信仰上の立場に対する確信を表明し、又、改革長老教会の中会による試問に合格した場合に は招聘を受けるための候補者となる場合がある
頁 17


  c. Any ruling elder in good standing in the denomination may be considered a candidate when he demonstrates to his presbytery the educational background and experience necessary to be a teaching elder. (See IIC2c and 3c.)

  d. Nominations may be offered by the session and/or a communicant member of the congregation present.

  e. The election may also proceed without nominations.

  f. Even when nominations have been made, votes may be cast for any qualified candidate.

  g. voting shall be by ballot, and ballots shall be received by roll call.

  h. Members unable to attend the meeting may send their votes in writing, enclosed in sealed envelopes which bear their names and are addressed to the session.

  i. The use of a nominating ballot is not encouraged; if it is used, absentee votes are valid only on the first electing ballot.

  j. Only a candidate receiving at least two-thirds of the votes cast shall be elected. Blank ballots shall not be counted in determining the total number of votes cast. A ballot marked "No," indicating that the person desires not to vote for any candidate, should be counted in determining the total number of votes cast.

  k. If a two-thirds majority vote has not been reached after three ballots, the moderator, in consultation with the session, may postpone the election.

l . Two tellers shall be appointed by the moderator to collect the ballots and tabulate the results of the election and report to the moderator.

  m. The moderator shall declare the results of the election.

  n. An appointed elder shall present the terms of the call (which shall include the financial agreement presented by the board of deacons) for the approval of the congregation. (The session and deacon board shall have previously prepared the terms of the call.)

  o. Opportunity shall be given the communicant members and adherents of the congregation to sign the call. The moderator shall explain that signing the call indicates one's willingness to support and work with the teaching elder-elect whether the member voted for him or not.

5. Disposition of a Call

 The call shall be handled in the following manner:

   a. The moderator shall immediately notify the teaching elder-elect informing him concerning the vote tallies and all other pertinent information that may assist him in reaching a decision.

   b. The call shall remain in the hands of the session for a period of time up to and including two Lord's Days so that other communicant members and adherents may sign the call.

   c. Any communicant member or adherent may request the clerk of the session to add his name to the call, in which case the clerk shall append his own initials to the signature.

 

D18

c.どのような治める長老もこの教派において粗漏のない立場を 保っていると認められる治める長老であるならば教える長老となるために必要な経験と教育的背景を中会に示した場合には候補者として考えられることが出来 る。(Ⅱ,C,2,cと3c.を参照)

d.候補者の推薦は小会によって、又は、その会衆の陪餐会員の誰 によってでも為されることが出来る。

e.選挙は、候補者の推薦を無しで進めることも出来る。

f.候補者の推薦が為される時にでさえも、投票はどのような有資 格の候補者以外の誰に対しても投じられることが出来る。

g.投票は投票用紙によって行なわれなければならない。そしてそ の投票用紙は陪餐会員名簿を読み上げに応じて投票されなければならない。

h.会議に出席出来なかった会員達は彼らの投票を文書で送るこの 名前が表に明記され、又、小会を宛先として送られる。

i.候補者を指名するための投票(仮投票)を用いることは勧められない。もしそれが用いられる場合には、欠席の投票はその場合ではな く、選挙の最初の投票のみ有効とされねばならない。

j.投票総数の少なくとも3分の2を得た候補者のみが選出され る。投票された白票は投票総数の決定する時に算入されねばならない。(白票の処理参照)

k.もし、3分の2の多数票が3回の投票の後にもなかった場合に は、議長は小会に相談した上で選挙を延期する事が出来る。

l.投票を集め選挙の諸結果を記帳し、議長に報告する為に議長に よって2名の開票担当者が指名されなければならない。

m.議長は選挙の結果を宣言する。

n.一人の指命された長老が招聘文を会衆の承認の為に提出する。 招聘文は執事局によって、提出された経済的合意の内容を含まなければならない。小会と執事局は前もってこの招聘文を用意しなければならない。

o.その会衆の陪餐会員達と教友達とは招聘状に署名をする機会を その署名をした人がその牧師に対して投票をしたか、否かは別として、この選ばれた教える長老と共に働き、彼を喜んで支える気持を表すものである事を説明し なければならない。

5.招聘の処置

招聘は、以下の手順で取り扱われればならない。

a.議長は直ちに選出された教える長老の候補者に対して、開票の 計算結果とその他の彼が決定に至るための彼に助けうると思われる情報に関して通知しなければならない。

b.招聘状は小会の手にその日以外の最大限2つの安息日を経るま で留められて、他の陪餐会員や教友が署名する事が出来るようにする事が出来ます。

c.陪餐会員、又、教友は誰でも小会書記に対して、彼の名前を署 名に加えるように要請する事が出来ます。その場合には小会書記は代理署名されたその署名の後に自分の署名のイニシャルを記すことにします。
頁18

 


   d. A copy of the call shall be sent to the teaching elder-elect.

   e. The call shall be forwarded to the presbytery along with a communicant membership roll and the minutes of the meeting.

 

6. Processing a Call

 A call shall be processed in the following manner:

   a. Presbytery, after receiving a call, shall determine whether the call was made in accordance with the law and order of the church.

   b. Presbytery shall sustain it as a regular call and forward it to the teaching elder-elect within the presbytery or the presbytery holding the credentials of the teaching elder-elect.

   c. Presbytery may decline to forward the call for any of the following reasons:

     (1) The refusal of a considerable minority to sign the call.

     (2) Failure to make suitable financial arrangements.

     (3) A conviction on the presbytery's part that establishing the relationship would not be wise.

   d. If presbytery does not sustain a call, reasons shall be recorded in the minutes, the candidate shall be notified, the call returned to the congregation and a copy of the minutes stating the reason(s) shall go to both the candidate and the congregation.

   e. If a call is addressed to a teaching elder of a congregation within the presbytery, the interest of that congregation shall be considered carefully.

   f. A presbytery which is in session may present a call immediately to

   a teaching elder whose credentials are held by the presbytery or to a student under its care, if the person is present.

   g. The teaching elder-elect may either accept or decline the call or ask for more time to consider it.

   h. If the call is rejected, the teaching elder-elect shall notify the congregation and the presbytery in writing.

   i. If the call is accepted, presbytery shall take steps toward ordination and/or installation.

   j. If the teaching elder-elect is not present, presbytery shall forward the call to him.

   k. Upon reception of the call from his presbytery, the teaching elder-elect shall inform the congregation and the presbytery of his decision within two weeks.

l. A call may not be presented by a presbytery other than the one having oversight of the one called. m. When the person called is from a congregation within another presbytery, the presbytery of the      congregation making the call, having approved it, shall forward it to the other presbytery for  evaluation and presentation.

   n. If the call is accepted the credentials of the person called shall be transferred to the presbytery of the congregation making the call.

   o. That presbytery shall take necessary steps toward ordination and/or installation.

D19

d. 招聘状の写しがその選ばれた教える長老に送られなければな らない。

e.招聘状は中会に対して、陪餐会員名簿とその会員会議の議事録 と共に、提出されなければならない。

6.招聘の認可

招聘は以下の手順で認可されます。

a.中会は招聘状を受取った後にその招聘が教会の法と秩序にか なって為されたか、否かを判断します。

b.中会はそれの通常の招聘と認めて、中会内の選ばれた長老候補 者に対して直接手渡すか、又は、その選ばれた教える長老候補者の牧師籍を保有している中会に対して送付しなければならない。

c.中会は以下の何れの理由がある場合にその招聘を送付すること を却下すると判断する可能性がある。

1)その招聘に対して署名をする事を拒む者が少数であってもかなりの数がのぼ る場合。(投票総数でなく、署名総数の場合)

2)適正な経済的な手配が為すことに落ち度がある事実。

3)中会側に牧師と会衆との関係を樹立する事が賢明でないという根拠ある確信 がある場合。

d.もし中会がその招聘を支持しない場合には議事録にその理由が 明瞭に明記されなければならず、その候補者はその理由も含めて知らされなければならない。そして、招聘状は会衆に戻され、その理由が明瞭に明記されている 議事録の写しが候補者と会衆との双方に送られなければならない。

e. もしその招聘がその中会の中にある会衆の教える長老宛にあ る場合には彼の現在属する会衆の利害を注意深く考量されるべきです。

f.開会中である中会はその招聘を、もし、その人物がその場に出 席しているならば、直ちにその中会によって信任状が保持されている教える長老に対して提示する事が出来ますし、又は、その中会の監督下にある神学生に対し て提示する事が出来ます。

g.その選ばれた教える長老は、その招聘を受諾するか、又は、断 るか、又は、それを考慮するためにさらに時間を願うかをすることが出来ます。

h.もし、招聘が拒まれた場合、その選ばれた教える長老はその旨 を文書でその招聘した会衆と中会に対して知らせなければならない。

i.もし、招聘が受諾された場合、中会は按手および就任、又は、就任に向けて手順を取り始めます。

j.選ばれた教える長老がその場にいない時は、中会はその招聘を 彼に送付しなければならない。

k.彼の中会からその招聘を受取った時、その選ばれた教える長老 は二週間以内にその招聘した会衆と中会に対して彼の決定を知らせなければならない。

l.その招聘された監督権を持つ中会以外の中会によっては招聘状 が本人に対して提示されてはならない。

m. 招聘された人物が他の中会にある会衆のものである時は、そ の招聘を為した中会はまず、その招聘を承認した後に、これを他方の中会に対して独自の評価と本人への提示をしてもらう為に送付しなければならない。

n.もし、招聘が受諾された時は、その人物の信任状はその招聘を 為した中会に移管されます。

o.中会は按手および就任、又は、就任に向けての必要な段階を踏 むことを初めなければならない。
頁 19


E. Procedures for Examination, Ordination and Installation

 

 The examination, ordination and installation of a teaching elder belongs to the presbytery alone. Presbytery shall hold the credentials which shall include as complete a record as possible of his education, certification to preach, eligibility to receive a call, ordination and installation(s). Ordination should be with a view to, and in connection with, installation into a pastoral relationship. A board may request permission from Synod for the presbytery to ordain a man to minister in a special field.

 

1. Authorization

 Presbytery shall authorize the ordination and/or installation as follows:

   a. Presbytery, or a commission of presbytery, shall arrange for the examination, ordination and/or installation of a teaching elder-elect at the earliest convenience of the parties involved. (Any objections by concerned parties shall be presented in writing to the Ad Interim Commission prior    to the called meeting. If objections are raised, the Commission shall deal with them before proceeding.)

   b. The commission or presbytery, in consultation with the session, shall set the time, date and place for the examination, ordination and/or installation.

 

 2. Calling of Meetings

   a. The commission or presbytery shall issue an edict and direct that it be read to the congregation on the two preceding Lord's Days.

   b. If the congregation has no public meeting, ten days' notice by mail or phone to all members who can be reached shall be sufficient.

   c. The date of ordination and/or installation is subject to the sustaining of his examination by presbytery.

3. Meeting for Examination

 The examination of a teaching elder-elect entering his first pastorate within the Reformed Presbyterian Church shall proceed as follows:

   a. At the appointed time, presbytery shall be constituted with prayer by an elder.

   b. The candidate shall be examined in the following:

     (1) A sermon preached on an assigned portion of Scripture

     (2) Personal godliness

     (3) Soundness in the faith and commitment to the Testimony of the  Reformed Presbyterian Church

   c. The roll of presbytery shall be called following each area of examination, and members shall respond with a vote of "I sustain" or "I do not sustain." Any member may state the reasons for his vote or make appropriate comment(s). If the examination is sustained by a two-thirds vote, presbytery may then adjourn to meet at a later time for the ordination and installation service or may elect to proceed immediately

D20

E.牧師試験・按手及び就任の過程

教える長老となるための試験・按手及び就任は中会の管轄のみに属する事柄で す。中会は彼の教育、説教免許、招聘資格免許、按手、又は、現在に至るまでの就任歴についての可能な限り完全な記録を含む信任状を保持しなければならな い。按手は牧会関係の樹立に至る牧師職への就任と関連して、具体的な視野を入れて、それを為されなければならない。大会の部局(たとえば、外国伝道局) は、大会からある特別な分野に奉仕をする為にある人物を中会が按手する許可を大会から求めることが出来る。

 

1.正当性の付与

中会は按手、又は、就任、又は、按手と就任を以下のごとき手順で正当なものと しなければならない。

a.中会、又は、中会の全権委任委員会は、関係する者達に都合の 良い最も早い時期に選ばれた教える長老の牧師試験と按手および就任式、又は、就任式を設定しなければならない。(関係する立場にある者達からのどのような 異議もその召集された集会に先立ってアドインテリングコミション(全権委任委員会)に文章で提出されなければならない。異議が申し立てられた時には、全権 委任委員会は、以下の事柄にすすむ前に取り扱わなければならない。)

b.委任委員会、又は、中会は小会の助言を得て、按手および就 任、又は、就任式の日付・時間・場所を設定します。

2.集会の召集

a.委任委員会ないしは中会は布告を発布し、その布告がその集会 の前の2回の主の日に会衆に対して読まれるように指示しなければならない。

b.もし、会衆が公的集会を持ってない状況であるならば、郵便、 又は電話によって連絡しうる限りの全ての会員に10日間、この集会を通知することで十分である。

c.按手および就任式、又は、就任式の日付の確定は中会によって かれの牧師試験が支持されるか否かに拠る。

 

3.牧師試験のための会議

選らばれた教える長老の牧師試験は改革長老教会の中で彼が最初につく場合には 以下のように進行します。

a.定められた時に中会は一人の長老の祈りによって構成されなけ ればならない。

b.候補者は以下のごとく試験されます。

1)ある指定された聖書に基づいて説教された説教

2)個人的な信仰生活(敬虔)

3)信仰の敬虔さ及び改革長老教会証言書への決意

c.牧師試験の其々の分野が為されるたびに中会の名簿が読まれ、 中会の其々の議員は「私は指示します」ないし「私は指示しません」と明言することの投票によって、その点呼に答えなければならない。どの議員も彼の投票の 理由を述べる事が出来、適切なコメントを加える事が出来ます。もし、牧師試験が究極的に3分の2の投票をよって全てが支持される場合には中会はその段階 で、会議を閉会し、後の時に按手・就任式の為の礼拝式を行うことができるし、又は,ただちに按手・就任式にすすでいくことが出来る。
頁20

 


4. Meeting for Ordination/Installation

 The order of this meeting shall be as follows:

   a. If presbytery adjourned following the examination meeting, the service of ordination and installation should begin with the constitution of the court.

   b. The steps taken up to this point shall be narrated.

   c.  The edict shall be read for the last time.

   d. Recognizing that the examination of the candidate has already been sustained, the congregation shall be asked to indicate their adherence to the call by a rising vote.

The candidate shall be asked to indicate his adherence to his acceptance of the call.

f. The candidate shall come forward and answer the prescribed Queries for Ordination.

   g. Having given his assent to the queries, he shall sign them.

   h. A sermon shall be preached by an appointed elder.

   i.  The candidate to be ordained shall kneel and the members of presbytery shall lay their hands upon his head as the formal words of ordination are uttered in prayer. In Case Of installation, only a prayer of installation shall be offered.

   j. A suggested formula of ordination for use in prayer is as follows:  "...bless your servant (naming him) as we do now set him apart as a minister of the Gospel in the name and by the authority of Jesus Christ, the King and Head of the Church, and install him as teaching elder of (name)    congregation.... "

   k. The clerk of presbytery is now responsible to hold his credentials.

   l. His membership is transferred to the congregation where he is installed.

   m. Special charges to the newly installed teaching elder and congregation may be given at the discretion of the presbytery.

   n. Presbytery shall be adjourned with prayer, and the new teaching elder shall pronounce the benediction.

   o. Members of presbytery and others present shall be given opportunity to extend the right hand of fellowship to the newly installed pastor and his family.

   p. The installation of a previously ordained elder is the same as outlined above except the particular steps which refer only to ordination.

   q. A teaching elder ordained in another true branch of the visible church may be received into the Reformed Presbyterian Church when he has met our denomination's conditions for a teaching elder. He shall be examined by the presbytery or a commission. A member of the presbytery shall lead

  in prayer on his behalf, and he shall sign the Queries for Ordination. Members of the presbytery shall be given the opportunity to extend the right hand of fellowship.

D21

4、按手と就任のための会議

この会議は順序は以下のごとくです。

a.もし、試験のための会議の後に中会が閉会をした場合には、按 手及び就任式は中会の会議を構成する事によって、始められなければならない。

b.この時点に至るまでの踏まれた段階が陳述されられなければな らない。

c.布告が最終的に読まれなければならない。

d.候補者の試験に既に合格とされたという事を認識した上で会衆 は起立投票によって彼らの引き続いての支持を表明する事が求められなければならない。

e.候補者は招聘を彼が受諾することについて引き続いてその意思 があることを表明するように求められなければならない。

f.候補者は前に歩み出て按手のために定められた質問に答えなけ ればならない。

g.その問に対して、彼が同意した上で彼はその按手のための文面 に署名をします。

h.定められた長老によって説教がなされます。

i.按手を受けるべき候補者はひざまずき中会のメンバー達は手を彼の頭の上に置いて、祈りのうちに正式な按手のことばがのべられる 間、そのようにします。就任のみの場合にはただ、就任の祈りのみが奉げられます。

j.その祈りの中で用いられる按手のことばと定型句としては以下 のものが示唆されます。「......あなたの僕(その名前を述べる)を祝福して下さい。私達は今、教会の王であり頭であるイエス・キリストのその御名と 権威によって、福音の役者として聖別いたします。又、彼を(会衆の名前を述べる)教会の教える長老として就任させます。」

k.中会の書記は彼の中会の牧師籍保持することによって責任があ ります。

l.彼の会員籍は彼が就任した会衆に移されます。

m.新しく就任した教える長老に対して、又、会衆に対して訓告が 中会の裁量によって、行なわれる事が出来ます。

n.中会は祈りによって閉会し、又、その新しい長老が祝祷を宣言 します。

o.中会の議員達及びそこに列席する他の者達はあたらしく就任し た牧師及び家族と右の手の交わり(握手)を行なう機会が与えられなければならない。

p.前もって按手されている長老の就任は上述されている事と概略 同等ですが、按手のみに関係する特定の諸段階については除かれます。

q.見える教会の真の枝である他の群れによって按手された教える 長老は彼がわたし達の教える長老の要件を満たす時に改革長老教会に受け入れられます。彼は中会、又は、中会の決定による委任委員会によって、試験されなけ ればならない。中会の議員の一人が彼のための祈りを導き、彼は按手の問いが書かれた書面に署名をします。中会の議員達は右の手の交わり(握手)を持つ機会 を与えられなければならない。
頁 21


5. Cessation of Service

 A teaching elder's service may cease under the following circumstances:

   a. A teaching elder may request the presbytery to release him from his relationship with the congregation.

   b. Any teaching elder desiring to resign shall give notice of his intention to the congregation at least two weeks before offering his resignation to the presbytery. If the congregation objects to this action, their objections should be considered by presbytery.

   c. Presbytery shall set the date upon which the pastoral relationship shall be dissolved and shall with prayer effect the dissolution.

   d. Presbytery shall inform the clerk of session by letter that the pulpit has been declared vacant. This letter shall be read to the congregation. The letter shall also contain presbytery's authorization and counsel regarding pulpit supply, administration of sacraments and moderating a call.

   e. If the resignation of the teaching elder leaves the session with only one congregationally elected member, presbytery, to maintain the organization of the congregation, shall appoint at least one provisional elder.

   f. When because of special circumstances such as health, age, etcetera, a teaching elder is no longer able to exercise regularly his pastoral duties, his presbytery may with care relieve him of the official duties of his office and declare his status to be inactive.

   g. A retired teaching elder maintains the privileges of his office. If presbytery decides that a teaching elder's situation and/or vocation are inconsistent with the calling of a minister of the Gospel, the presbytery may, after a period of five consecutive years, declare his status to be inactive.

   h. A teaching elder who has moved into the jurisdiction of another presbytery shall have his credentials transferred to that presbytery and his communicant membership changed to the local congregation.

   i. A teaching elder desiring affiliation with another denomination may upon application be given credentials by his presbytery and a letter of standing by his session. If there are charges pending, they shall be included.

   j. A teaching elder who leaves the denomination without a regular dismissal is not considered to be in regular standing. It is the responsibility of the presbytery to notify the receiving body of this fact and to seek to clear any possible conflict between the two bodies.

   k. A congregation desiring a change in the pastoral relationship may make official request to the session through:

     (1) A committee authorized by the congregation.

     (2) A petition signed by a majority of the congregation's members.

   I. If the session refuses the above request, the congregation may petition presbytery directly.

6, Removal from Office   A teaching elder may be removed from office. The following principles apply to this procedure:  D22

5.働きからの退任

教える長老の働きは以下のような状況の下で終えられます。

a.教える長老は中会に対して、彼の会衆と関係から解かれること を要請することが出来ます。

 

b.退任したいとの願いを持つ教える長老は誰でもその意図を会衆 に対して彼が中会に対する退任を申し出る少なくとも2週間前に告知しなければならない。もし、この行動に反対をする場合には、その反対は中会によって考量 されなければならない。

c.中会は牧会関係が解かれる日付を定め、祈りをもってその関係 の解消を有効とします。

d.中会は小会の書記に対し、文書を持って講壇が無牧と宣言され た旨、通知しなければならない。この文書は会衆に対して読まれなければならない。この文書は代理説教者に関して、又、礼典の執行に関して、招聘の新しい取 次ぎに関しての中会の認可と助言を含むものです。

 

e.もし、教える長老の退任が小会を会衆から選ばれた小会議員が ただ一人の状態に残す場合には中会はその会衆の組織を維持するため、少なくとも1名の暫定長老を指名しなければならない。

f.特別な状況の故にすなわち、健康・年齢等々の故に教える長老 がもはや定期的に彼の牧会の義務を果たすことが出来ない場合には、その中会は十分な配慮の上で、彼の牧師職の公的な義務から彼を解き放ち、身分が非活動と なった旨、宣言する事が出来ます。

 

g.退任した教える長老は彼の教える長老としての特権を維持しま す。もし、中会が教える長老の状況、又は、招命観が福音の牧者として招命に一貫しないものであると判断する場合には中会は、連続した5年の期間を置いた後 に彼の身分が非活動であると宣言することが出来ます。

h.他の中会の管轄の下に移動した教える長老はその中会に牧師籍 を転入させなければならない。又、彼の教会員籍はその地方教会へと代わります。

 

i.他の教派に所属する事を望む教える長老は、文書による願い出によって、彼の所属する中会から牧師籍を与えられ、彼の所属する小会 から転入箋書を与えられることが出来ます。もし、決着していない戒規問題がある場合には、その旨もそれらの文書に含められなければならない。

j.通常の退会手続きではなく、他の教派に去っていく教える長老 は、牧師籍・会員席において、正常な問題のない状態であると見なすことは出来ません。この事実について団体に対して、告知をすることは中会の責任であり、 相手方と我々の教会とのあらゆる起り得る事柄を明白に避ける事も中会の責任です。

k.牧会関係の変更を望む会衆は、小会に対して、公式な要請を為 すことが出来ます。

 1)会衆(会員会議)によって認可された委員会をとおして

 2)会衆に所属する教会員の多数によって署名された請願をとおして

l.もし、小会が上記の要請を拒絶した場合にはその会衆は中会に 直接請願することが出来ます。

 

6.職からの解任

教える長老は職から解かれることがある。以下の原理がそのいずれにいたる段階 に対して適用される。
頁 22


   a. A teaching elder can be divested of his ordination by deposition at the hands of the presbytery.

   b. A session may petition the presbytery to dissolve the relationship between a particular teaching elder and the congregation; yet the presbytery holds original jurisdiction regarding the deposition of a teaching elder from his ordination.

   c. In extraordinary cases the presbytery may also initiate jurisdiction if it concludes that a particular session has been unable to exercise proper discipline over the teaching elder in question.

   d. Procedure for judicial process is set forth in the Book of Discipline.

   e. Presbytery shall set the date upon which the pastoral relationship shall be dissolved and shall with prayer effect the dissolution.

f.Presbytery shall inform the clerk of session by letter that the pulpit has been declared vacant. This letter shall be read to the congregation. The letter shall also contain presbytery's authorization and counsel regarding pulpit supply, administration of sacraments and moderating a call.

g. If the removal of the teaching elder leaves the session with only one congregationally elected member, presbytery, to maintain the organization of the congregation, shall appoint at least one provisional elder.

   h. If a teaching elder undergoing judicial process leaves the denomination, ordinarily charges against him should be tried.

i. A teaching elder forfeits his ordination by renouncing his faith, or may do so by conduct unbecoming a disciple of the Lord Jesus Christ. (Such actions warrant judicial process.)

 

 7. Cessation of Ordination

The continuing privileges and responsibilities of ordination would cease if:

   a. A teaching elder is deposed from his ordination by judicial action of a church court.

   b. A teaching elder's request that his ordination be terminated is granted by a church court after careful consideration.

. DEACONS

The Diaconate is a spiritual office responsible for the ministry of mercy and stewardship of the congregation. It is neither a ruling nor a teaching office. Its exercise, like the whole life of the church, is under the oversight of the session and its function is administrative.

 

              A. Qualifications

 

Those eligible to be called as deacons must:

 

 1. Be communicant members in good standing of the Reformed Presbyterian Church.

D23

a.教える長老は中会の手による長老職剥奪の戒規によって彼の按 手資格から罷免されうる。

b.小会は中会に対してある特定の長老とある会衆との関係を解く ように請願することが出来る。中会は一人の教える長老をその按手資格から長老職剥奪の戒規とする事に関しては固有の法治権を有している。

c.想定外の通常でない場合には中会は問題となっている教える長 老をめぐる適切な戒規の執行が特定の小会にとって不可能であると判断するならば、その法的な戒規の管轄権の執行をそれに関して、始めることが出来る。

d.戒規訓練に関する法的過程の手順については訓練書の中に定め られている。

e.中会は牧会関係が解かれる日付を定め、祈りをもってその牧会 関係の解消を有効としなければならない。

f.中会は小会書記に対して講壇が無牧と宣言されたことを通知し なければならない。文章は会衆に読まれなければならない。その文章は、中会の代理説教者、又、礼典の執行、新しい牧師の招聘の取次ぎすることの認可と助言 を含むべきである。

g.教える長老の解任が小会を会衆から選ばれた小会議員がただ一 人の状態に残すならば、中会はその組織を維持するため、少なくとも1名の暫定長老を指名しなければならない。

h.戒規訓練の法的過程が進行中の教える長老が、離れる場合には 通常彼に対する訴えは判決まで完遂されなければならない。

i.教える長老は彼自身の信仰を否認することによって、その按手資格を失う、又、イエス・キリストの弟子としてふさわしくない行為に よってそのように按手資格を失いうる。(そのような行為の決定は戒規訓練手続きの根拠となる。)

 

7.按手資格の廃止

按手資格の永続的な特権と責任とは、以下の場合廃止される。

a.教える長老が教会会議の戒規訓練に関する法的決定によって、 その按手資格を剥奪された場合。

b.教える長老の要請により、教会の会議が注意深い熟慮の末にそ の按手資格が終了する事を特に許可した場合。

 

Ⅲ.執事

執事職は、会衆のあわれみの牧会(ミ ニストリ)及び会衆を一つの家としてその運営に仕える働き(ミニストリ)に責任のある霊的な職務である。この職は治める職でもなく、又、教える職でもな い.その働きは教会生活のあらゆる部分と同様に小会の監督の下にあり、その機能は業務執行的である。

A.資格

執事として召されるのに適格な者たち は

1.改革長老教会員として十分な立場 を保つ陪餐会員でなければならない。

頁23


2. Evidence the standards of character and conduct consistent with those set forth in Acts 6:3; 1 Timothy 3:8-13 and 1 Corinthians 12:28.

 

3. Be knowledgeable in and committed to the subordinate doctrinal standards of the denomination as being consistent with Scriptures.

 

B. Duties

 

 The duties of deacons include:

 

 1. Regular attendance and participation in the meetings of the deacon board.

 

 2. Meeting jointly with the session periodically for prayer, evaluation and growth in their respective ministries.

 

 3. Maintaining an active ministry of mercy, such as:

   a. Leading the congregation in discerning and ministering to needs such as:

     (1) local needs of individuals and institutions,

     (2) national and international needs.

   b. Gathering and distribution of funds.

   c. Training the congregation in the use of the members' gifts in the ministry of mercy.

   d. Helping the congregation evaluate requests for funds by organizations outside the denomination.

 

 4. Maintaining an active ministry of stewardship, such as:

   a. Overseeing the work of the treasurer.

   b. Appointing a finance committee as needed.

   c. Keeping the congregation informed at least quarterly of financial needs.

   d. Securing an annual audit of all the congregation's accounts.

   e. Preparing an annual budget in conjunction with the session.

   f. Offering family budget counseling.

   g. Teaching principles of giving.

   h. Overseeing the maintenance of property.

 

 5. Developing these ministries by personal visitation.

 

 6. Performing other duties assigned to them by the session, congregation or presbytery.

 

                C. Privileges

The board of deacons has no legislative or judicial powers; its work is wholly  administrative, subject to the direction of the session and sensitive to the counsel of the congregation

D24

2.使徒の働き6:3、テモテへの手 紙第一3:8-13とコリント人への手紙第一12:28に定められている人格性と行動についての基準一貫したものであることが証明されていなければならな い。

3.聖書に対して一貫したものとして のこの教会の従属的教理規準に通じており、又、その立場を自ら執っている者でなければらない.

 

B.義務

 執事の義務は以下を含む。

 

1.執事局会議への定期的な出席と参 与。

 

2.彼らの関係する牧会の諸分野につ いて祈りと評価と成長の為に小会と定期的に合同で会合を開くこと。

 

 

3.活発な慈善の業を維持する。

a.次のような必要に対 して、それを識別するとともにその為に奉仕するように会衆を導く事。

 1)地域における個々人や諸団体の 必要

 2)国家的な、又、国際的な必要

b.その資金を集め分配 する事

c.慈善の働きのために 会員達の賜物の活用について会衆を訓練する事。

d.教派外の諸組織によ る基金の要請を会衆が評価できるように助ける事。

 

4.一つの家としての会衆の管理者と しての積極的な働きは次のように維持されます。

a.会計の働きを管理す ること。

b.必要である場合は財 務委員会を任命する事

c.会衆に対し少なくと も四半期ごとに財政的必要を知らせる事。

d.会衆に関わるすべて の会計の年次定例監査を行なう事。

e.小会と協議しつつ年 間予算を準備する事。

f.各家族の家計予算に ついて相談にのる事。

g.献金の原理を教える 事。

h.教会財産(建物等) の保全管理を監督する事。

 

5.これらの働きを個人的訪問によっ て進展させる事。

 

6.小会または、会衆、ないし、中会 によって彼らに委ねられたその他の義務を行なう事

 

C.特権

 

執事局はなんら立法的な、又は、司法 的な権能を持っていません。

頁24


The regular privileges of deacons include:

 

1. Serving as permanent members of the board of deacons to which they are elected.

 

2. Serving as consultative members in higher courts of the church when appointed.

 

D. Procedure for Election

 

1. Authorization

An election of deacons may be authorized as follows:

  a.  The initiative for an election of deacons must include one or more of the following:

    (1) A request from the deacon board that an increase of its membership is needed.

    (2) A judgment of the session that there are qualified persons in the congregation, and an increase in the number of deacons is necessary.

    (3) An appeal from the congregation to the session to increase the number of deacons.

  b. An election of deacons is to be conducted by the session at a specially called meeting of the congregation. 

 

2. Calling a Meeting

The procedure to call a meeting will be:

  a. The session shall issue an edict setting the date, time and place for an election.

  b. Eight days' notice of the meeting shall be given publicly to the congregation by reading of the edict at the worship services on the two preceding Lord's Days.

  c. If the congregation has no public meeting, ten days' notice by mail or phone to all members who can be reached shall be sufficient.

 

3. Order of Meeting

  a. The congregation having been called together for the election, the session shall be constituted by the moderator or presbytery's appointee.

  b. The session shall have a complete list of all communicant members

   of the congregation in good standing from which a quorum is to be determined (one-half of the active communicant resident members). A quorum is necessary for each ballot.

  c. Inquiry by the moderator if the congregation still desires to proceed with the election.

  d. The final reading of the edict.

D25

その働きは全く行政的(業務執行的) であり、小会の方向付けに従い、会衆の意見に注意をはらってなされるものです。

執事の通常の特権は以下を含みます。

1.彼らが選出された特定の執事局の 恒久的な一員としてとして仕えること。

2.任命された時には教会の上級会議 の諮問委員として仕えること。

 

D. 選挙の手順

 

1.正当性の付与

執事の選挙は、以下のごとき手順で正 当なものとされなければならない。

a.執事たちの選挙の始 まりは、いかのいずれかひとつによらなければならない。

1)執事局からのその人員の増加が必 要とされている旨の要請

2)小会の会衆の中に資格ある人物が いるという判断、しかも、執事の数の増加が必要とされているとの判断。

3)会衆から小会への執事の数を、増 やして欲しいとの要請。

b.執事の選挙は特別に 召集された会衆の集会(会員会議)において、小会によって主導されて行なわれる。

 

 

2.集会の招集

その集会を召集するその過程はは以下 のとおりである。

a.小会は「日」・ 「時」、又、「場所」を選挙のために定めて、布告を発布しなければならない。

b.会議のために8日間 の予告が会衆に対して公に為されます。それは礼拝において、その集会に先立つ2回の安息日の礼拝でその布告が朗読されることで為される。

c.もし会衆が公的な集 会を持てない状況であるならば、郵送、又は、電話によって連絡しうる限りのすべての会員に10日間、この集会を通知することで十分である。

 

3.集会の順序

集会の順序は以下のとおりである。

a.選挙のために会衆が 招集されて、小会が議長、又は、中会の任命した者の導きのもとで構成されなければならない。

b.小会は、その会衆の すべての陪餐会員の中で十分な立場を保つ者(訳註:公表され戒規のもとにない者)と認められる者についての完全なリストを作成し、それによって定足数を定 めるようにしなければならない。定足数は活動現住陪餐会員の半数である。この定足数は投票のたびごとに必要とされる。

c.会衆が今も尚、選挙 に進んで行きたいと願っているかどうかが、議長によって尋ねられる。

d.最終的な布告の朗読 がなされる。
頁25

 


e. Worship, with a sermon, shall be conducted under the direction of the session.

  f.  The election shall be conducted.

  g. The court shall be adjourned with prayer.

 

4. Balloting

The election shall be conducted as follows:

  a. The session may indicate their judgment as to the number of positions to be filled by the election. Such a judgment shall be based on the needs of the congregation and the evidence of spiritual maturity of potential candidates.

  b. Session may submit a list of nominations.

  c. If the session has indicated its desire for a certain number of deacons, its list of nominees shall not contain less than that number.

  d. Nominations may also be made by a communicant member of the congregation present.

  e. The election may also proceed without nominations.

  f. Even when nominations have been made, votes may be cast for any qualified candidate.

  g. Voting shall be by ballot, and the ballots shall be received by roll call.

  h. when the number to be elected is determined, the number of names per ballot is not to exceed the announced number to be elected.

  i. Communicant members unable to attend the meeting may send their votes in writing, enclosed in sealed envelopes which bear their names and are addressed to the session.

  j. The use of a nominating ballot is not encouraged; if it is used, absentee votes are valid only on the first electing ballot.

  k. Only those receiving at least two-thirds of the votes cast shall be declared deacons-elect. Blank ballots shall not be counted in determining the total number of votes cast. A ballot marked "No," indicating that the person desires not to vote for any candidate, should be counted in  determining the total number of votes cast.

  l.  If a two-thirds vote has not been reached after three ballots, the  moderator, in consultation with the session, may postpone the election.

  m. Two tellers shall be appointed by the moderator to collect the ballots and tabulate the results of the election and report to the moderator.

 

E. Procedure for Examination, Ordination and Installation

 

1. Examination

The examination of a deacon-elect shall proceed as follows:

  a. The deacon-elect shall notify the session, preferably within two weeks, regarding his intention to accept or decline the call of the congregation.

  b. If the deacon-elect indicates his desire to accept the call, the session shall meet in constituted court to examine him with respect to his qualifications as stated above in section I.A.

  c. The session shall examine him in his soundness in the faith and in his commitment to the Testimony of the Reformed Presbyterian Church.

D26

e.小会の指導のもとで 説教を伴った礼拝が執り行われる。

f.選挙が執り行われ る。

g.会議(小会)は祈り を持って閉会する。

 

4.投票

選挙は、以下のように執り行われなけ ればならない。

a.小会は選出されるべ き者の数についての判断を表明することができる。そのような判断は、会衆の必要、及び、可能性のある候補者たちの霊的な成熟の証拠に基づいてなされなくて はならない。

b.小会は、候補者指名 リストを提出することができる。

c.もし小会がある一定の数の執事を望むということを示したので あれば、その候補者の指名リストはその数よりも少ない人数しか含むものであってはならない。

d.候補者の推薦は、出席している会衆の陪餐会員によっての誰に よってでも為されることができる。

e.選挙は候補者の指名、推薦なしでも、進行することができる。

f.もし候補者の指名、推薦が為されているとしても、投票は有資 格な候補であるならば誰に対してでも為されることができる。

g.投票は、候補者の名前を紙に書くことによって為されるもので あって、投票用紙によって為され、投票用紙は会員名簿の読み上げられた順番で提出される。

h.選ばれるべき者の数が定められた場合には、一枚の投票用紙に 書かれる名前の数は通告されたされたものよりも多くてはならない。

i.その集会に出席することができない陪餐会員たちは、文書をもって、その投票を送ることができる。それは封印した封筒に入れられ て、その封筒の表に名前を明記し、さらに封筒に入れて、封印して小会に宛てて送られなければならない。

j.候補者を推薦するための予備投票は奨励されない。もし、それ を用いられる場合には、欠席者の投票はこの場合ではなく、ただ最初の選挙の投票においてのみ、有効とされねばならない。

k.投票された票の内、少なくとも3分の2を受けた者が執事選出 者として宣言される。白票は全投票数を確定するために数え入れられなければなりません。

l.もし3分の2の投票が3回の投票の内に達せられない時は、議 長は小会と協議の上で選挙を延期する事ができる。

m.2人の開票担当者が議長に任命されて、投票用紙を集め、選挙 の結果を集計し、それを議長に報告するべきである。

E.試験と按手と就任の手順

 

1.試験

執事選出者の試験は以下のごとく執り行われる。

a.執事選出者は小会に対し、できうる限り2週間以内に、会衆の 執事職への招聘を受け入れるか、拒むかに、ついての彼の意思に関して彼の意思を明らかにしなければならない。

b.もし、執事選出者がその招聘を受諾することを望む旨、示す場 合には、小会は正式に構成された会議を開いて、先のⅠ-aで述べられている彼の資質に関して、彼を試問し なければならない。

c.小会は、彼の改革長老教会証言書への信仰と決心の健全性を試 問しなければならない。
頁26


  d. If the session shall judge any deacon-elect unfit for the office, it shall   not proceed with his ordination and/or installation.

  e. Ordination will not be required if:

    (1) A deacon-elect holds ordination in the denomination as a deacon.

    (2) A deacon-elect is certified as having been ordained to an equivalent office in another true branch of the visible church and has met our denominational conditions to be a deacon.

  f.  Public ordination and/or installation to the board of deacons will be required of all deacons-elect who have declared their desire to serve and have been examined and approved by the session.

 

2. Authorization

The session shall authorize the ordination and/or installation in the following manner:

  a. The session shall set the time, date and place for the ordination and  installation of qualified deacons-elect. (Any objections by the congregation shall be presented to the session in writing prior to the called meeting.  Session shall act on the objection prior to the called meeting.)

  b. Notice of the date, time, location, and names of the deacon(s)-elect shall be given by the installing session to all sessions within the presbytery.

 

3. Calling a Meeting

To call a meeting for ordination and/or installation:

  a. An edict shall be prepared by the session.

  b. The edict shall be read eight days prior to the congregational meeting at the worship services on the two preceding Lord's Days.

  c. If the congregation has no public meeting, ten days' notice by mail or phone to all members who can be reached shall be sufficient.

4. Order of Meeting

The order of the meeting shall be as follows:

The session shall be constituted by the moderator or presbytery's appointee, and the privileges of the floor shall be extended to all elders of the denomination present.

  b. A quorum of one-half of the active resident communicant member- ship shall be confirmed.

  c.  The edict shall be read for the final time.

  d. Worship, with a sermon, shall be conducted under the direction of the session.

  e. An appointed elder shall narrate the previous steps leading up to the ordination and/or installation.

  f. An appointed elder shall ask the appropriate Queries for Ordination of the candidates and elicit an affirmative response.

  g. Candidates shall publicly sign the Queries for Ordination.

  h. In the case of ordination and installation the candidate shall kneel for prayer and all elders present shall be invited to join in the laying on of hands.

D27

d.もし小会が執事選出者について、不適であると判断した場合 は、彼の按手と就任、又は、就任は行なわれない。

e.按手は以下の場合は求められない。

1)執事選出者が、執事としてこの教派の中での按手を保持している場合。

2)執事選出者が、見える教会の真の枝であるほかの教会で同等の職務に按手さ れたという証拠を示し、なおかつ我々の教会の執事としての条件に合致している場合。

f.執事局の一員としての公的な按手、又は、按手と就任は小会に よって諮問され、承認され、彼らの奉仕の願いを、明白に言明した執事選出者すべてにたいして、公的に就任することが要求される。

 

2.権威の付与

小会は按手と就任を以下の手順で公認する。

a.小会は、時間と日にちと場所とを適格となった執事選出者のた めに按手と就任式、又、就任式のために、定める。(会衆によるどのような異議もその招集された集会に先立って文書で小会に提出されなければならない。小会 はその集会の前にこの異議について決定しなければならない。)

b.日・時・場所、又、選挙された執事選出の名前の告知が、就任 式を行なう小会によって中会内のすべての小会に告知されなければならない。

 

3.集会の招集

按手及び就任、又は、就任のための集会を召集するためには、

a.布告が小会によって準備される

b.布告は会員会議の先立つ8日以前の礼拝において、すなわち、 2回の主の日の礼拝において報告されなければならない。(会員会議当日の礼拝を含む)

c.もし、会衆が公的な集会を持っていない場合には、郵便、又 は、電話において到達しうるすべての会員に10日前に告知することを持って足りる。

4.集会の順序

集会の順序は、以下のとおりである。

a.小会が、議長、又は、中会の任命する者によって構成される。 そして、その議に参加する特権(出席及び発言)がこの教派のすべての長老たちに与えられるべきである。

b.活動現住陪餐会員の2分の1の定足数が確認されなければなら ない。

c.布告が最終的の朗読されなければならない。

d.礼拝が説教を伴って小会の指導のもとに執り行われなければな らない。

e.任命された長老が、按手、又は、就任にいたる過程を述べなけ ればならない。

f.任命された長老が按手選出者に対してあてはまる按手のための 任職誓約の問いを尋ね、明白な応答を得なければならない。

g.選出者は、按手の任職誓約に対して公に署名をする.

h.按手と就任が同時に行なわれる場合、選出者は祈りのためにひ ざまずき、すべてのその場に出席している長老たちは、その頭に手を置くために集うように招かれなければならない
頁27


i. In the case of installation only an installation prayer shall be offered.

  j. An elder shall offer the prayer of ordination and/or installation in the name and by the authority of Jesus Christ.

  k. The elders shall extend the right hand of fellowship receiving the

  newly installed deacon(s).

  l. Special charges to the newly installed deacon(s) and to the congregation may be given at the discretion of the session.

  m. The session shall adjourn and close the meeting with prayer and the benediction.

  n. Opportunity shall be given to the congregation and friends to greet the newly installed deacon(s).

 

5. Cessation of Service on a Board of Deacons

A deacon's service may cease under the following circumstances:

  a. A deacon may request the session to accept his resignation from the board of deacons.

  b. A deacon whose resignation has been accepted must be re-elected in order to serve again in that office.

  c. A deacon is no longer able to serve regularly on the board of deacons to which he was installed for reasons of distance, health, or other justifiable reasons; his session shall move with care to relieve him of the official   exercise of his office and declare his status to be inactive (i.e. non-voting).  In cases of suspension, see Book of Discipline.

  d. A deacon or his session may arrange for a sabbatical leave of normally up to one year, during which time he shall be on inactive status.

  e. A congregation may arrange for rotation of deacons, subject to the approval of session and presbytery.

  f. A deacon granted an inactive status maybe reinstated to active service at the discretion of the session.

  g. A deacon ceases to serve on the board of deacons when he has moved his communicant membership to another congregation.

  h. A congregation may petition a session to depose a particular deacon, but the session holds original jurisdiction regarding deposition of a deacon from his ordination.

6. Removal from Office

A deacon may be removed from office. The following principles shall apply to this procedure:

  a. A deacon can be divested of his ordination only by deposition at the hands of his session or presbytery.

  b. The session shall notify the presbytery whenever it intends to initiate deposition procedures by forwarding a copy of the charges.

  c. In extraordinary cases the session may appeal to presbytery to assume jurisdiction in adjudicating a proposed deposition.

  d. In extraordinary cases the presbytery may also originate jurisdiction if it concludes that a particular session has been unable to exercise proper discipline over the deacon in question.

D28

i.就任のみの場合には、ただ就任の祈りだけが捧げられなければならない。

j.長老たちは、按手ないし就任の祈りをイエス・キリストの御名により権威に よって捧げられなければならない.

k.長老たちは、新しく就任した長老を受け入れるために右の手を 持って握手の交わりをしなければならない。

l.新しく就任した執事に対する特別な勧告、又、会衆に対する特 別な勧告が小会の裁量によって与えられなければならない。

m.小会は祈祷と祝祷をもって閉じ、その集会を散会する。

n.新しく就任した執事たちを歓迎するために会衆と友人、知人に 対して機会が与えられなければならない。

5.執事局員の奉仕の停止

 執事は、職務を免ぜられることがある.以下の原則が、この過程として必ず適 用されなければならない.

a.執事ははその属する小会ないしは中会の手によってのみ、彼の按手を剥奪さ れることができる

b.小会は、中会に対してその罷免の戒規の過程を始める意図を 持った時にはいつも必ず告訴状の写しと供にその事実を告知しなければならない。

c.距離や健康、その他の正当化できる理由のゆえに、彼が就任し ていた小会に定期的に奉仕することが、もはやできなくなった長老は、彼の任務から、しばらくの間、休止せられることができる。小会は彼の公的な職務の執行 から彼を、休ませて、彼の執事としての立場が「非活動」すなわち、投票権がない者となったと宣言することができる。特に、執事職の戒規による停止の場合に ついては訓練書を参照せよ。

d.通常でない特別な場合においては、中会もその訓練の過程の判 断を始めることができる。

 ただし、それは中会がある特定の小会が間題となっている執事への適切な訓練 を執行することができないと最終的に判断した時に限る.

e.公正な審判の過程を経ずして、いかなる執事もその職務を停止 させられたり、免ぜられたりすることがあってはならない.

f.訓練についての法的過程の手順については訓練書に明記されて いる.

g.ある執事が彼の陪餐会員籍を他の会衆に移した場合には彼はそ の執事局における奉仕を停止する。

h.会衆はその小会に対してある特定の執事を免職するように請願 することができる。しかし、執事が彼の按手からの剥奪されることに関しての法治権は元来、小会が保持するものである。

6.職務からの免職

 執事は職務を免ぜられることがある。

以下の原則がこの過程として必ず適用されなければならない。

a.執事はその属する小会ないしは中会によってのみ彼の按手を剥 奪されることができる。

b.小会は中会に対してその罷免の戒規の課程を始める意図をもっ た時はいつも必ず、告訴状の移しと共にその事実を告知しなければならない。

c.通常でない特別な場合においては小会は提起されている免職を 決議するに際して中会に対してその決定権を肩代わりするように要請することができる。

d.通常でない特別な場合においては中会の判断でその訓練の課程 を始めることができる。ただし、中会がある特定の小会が問題となっている執事への適切な訓練を行使することができないと最終的に判断した時に限る。
頁28


e. No deacon shall be suspended or deposed except after a fair trial.

  f. Procedure for judicial process is set forth in the Book of Discipline.

 

7. Cessation of Ordination

 The continuing privileges and responsibilities of ordination would cease if:

   a. A deacon is deposed from his ordination by judicial action of a church court.

   b. A deacon's request that his ordination be terminated is granted by a church court after careful consideration.

 

CHAPTER 4

The Session

 

 1. The session is the court having original jurisdiction over the members of a congregation. It consists of at least two resident elders elected by the congregation. A majority of the number of elders shall constitute a quorum. Where there is but one elder the congregation becomes disorganized. Steps  should be taken to increase the number by requesting the presbytery for the appointment of a provisional elder(s) leading to the election of at least one additional resident elder.

 

 2. Ordinarily, a teaching elder is the moderator of the session. Extraordinary circumstances may arise where it is advisable for the session to elect as moderator an elder other than the teaching elder, or for the moderator to be appointed by presbytery. No elder shall moderate session in the absence of the regular moderator without the authority of the presbytery.

 

 3. A teaching elder may be appointed by the presbytery to serve as a stated supply in the congregation. He shall be appointed to serve for a given period of time and may be asked to moderate the session. A licentiate may serve as stated supply, but shall not perform the functions of an ordained officer.

 

 4. The moderator shall see that the session is properly constituted and adjourned in the name of the Lord Jesus Christ, the King and Head of the Church. He shall direct the business in accord with the law and order of the church and may vote. The session shall elect one of its members as clerk. He shall see that announcement is made of the meetings, keep accurate record of the proceedings, handle correspondence and fulfill other responsibilities as ordered by the court. He shall issue citations when required and shall furnish extracts from the minutes when ordered by the court. He shall have charge of all the papers and records belonging to the session.

 

 5. The session shall hold meetings at stated intervals. Ordinarily, meetings and minutes of the session are open to members of the congregation except when executive session"* is called.

D29

e.公正な審判を課程を経ずしていかなる執事もその職務を停止さ せられたり免ぜられたりすることがあってはならない。

f.訓練についての法的手順については訓練書に明記されている。

7.按手の停止

 按手の特権と責任は、通常終生のものであるがそれは以下の場合に停止される ことがある。

a.執事が、教会法廷の法的な決定によって、その按手を罷免され た場合

b.執事の按手の効力を終結させ、返上したいという執事本人の要 請があった場合.しかし、 教会法廷はそれを許可することがあるが注意深い十分な検討の後でなければ行なってはならない。

 

4

小会

1.小会は会衆(各個教会)の会員達に対する根源的な法治権を持 つ教会会議である。小 会は少なくとも2名の会衆(各個教会)の選出された長老によって構成される。(訳 注. この長老とは教える長老「牧師」)長老の数の過半数が定足数を構成する。長老が1名 しかいなく なった場合には、会衆(各個教会)は解散されることになる。したがって、その会衆(各個教会)内に属し、居住する長老の少なくとも、もう1名の増加する選挙を導くべく暫定的な長老(達)の任命を中会に願い出ることによって、その長老の数を増やすための段階が踏まれなく てはならない。

2.通常教える長老は小会の議長である。通常でないでない場合が 生じ、教える長老以外の 長老の一人を議長として、小会が選出するように助言しうる場合がありうるし、又は、中会によって任命された議長が適切であるとい う場合もありうる.中会の権威に基づく決定無しに通常の義長がいない場合、どの長老も小会議長として議長を務めることが出来ない。

3.一人の教える長老がその会衆(各個教会)の公認の代理説教者 として奉仕するように中会によって任命される事ができる。彼は定められた一定の期間奉仕するように任命されるべきであり、又、小会の議長を務めるように委 任される。免許保持者はこの公認の代理説教者として奉仕する事は出来るが按手された教会役員の諸機能を行なうことは出来ない.

4.議長は小会が教会の王であり頭であられるイエス・キリストの 御名によって、ふさわしく構成され、閉会するようにしなければならない。(訳注。祈りによって始まり、いのりによって閉じなければならない.)議長は教会 の法と秩序にそって、議事を導かねばなら ないし、議長自身は投票する事ができる.小会はそのメンバーの一人を書記として選ばなければならない。彼は集会 (小会)の開催を通知し、その議事進行についての正確な記録を執り、保管し、諸連絡を取り扱い、その会義によって定められたその他の諸責任を果たすもので ある。彼はもし必要であると定められた時には、小会への呼び出し状を発送し、又、議場によって定められた時にはその議事録からの抜粋を提供しなければなら ない。彼は小会に属する書類及び、記録類について責任を負う者である。

5.小会はあらかじめ定められた期間ごとに定例会を開催しなけれ ばならない。通常、小会の会議と議事録とは会衆(各個教会)の会員には開かれているものであるが、その小会が「最高決定会合」(訳注。小会がみ言に基づい て委ねられた権威に基づいて小会のみで決定する場と定めた会議)と定められた場合には、その限りではない。

頁29


Special meetings may be called by the moderator at his discretion, or upon request. The constitution and adjournment of the court shall be duly recorded in the minutes, with the names of the members in

  attendance. The meetings of the session shall center around prayer for wisdom in dealing with those persons under its care. No action is official unless taken at a regularly called and constituted meeting. Actions agreed upon by the members meeting informally must be ratified at a regular meeting and recorded. The minutes of all meetings must be read for correction and approval, transcribed in the record book and signed by the moderator and clerk. The record book of the session shall be presented for review by the presbytery once a year, or at such times as the presbytery may designate.

 

 6. The session alone admits to and dismisses from the membership of the congregation. The clerk shall keep a complete and accurate record of all persons admitted to membership or suspended from or dismissed from membership, of baptisms including dates of birth of infants baptized, and of deaths. The record shall include the date of each event. He shall also keep up-to-date rolls of all those in communicant membership, of baptized members, and non-members approved to commune with the congregation.

 

 7. A particular responsibility of the session is to care for the spiritual interest of the congregation and of each member. Therefore, it shall maintain the ordinances of public worship in accordance with the principles of the church. It shall be responsible for the leadership of the singing, for the observances of

the sacraments, and for the visitation of the people of the congregation. It should exercise general supervision of Christian education, missionary societies, young people's societies, and all other organizations and activities in the congregation. It shall guard against any inappropriate or disorderly use of the church building. It shall particularly seek to provide wholesome recreation for its young people.

 8. The session is subordinate to the higher courts and shall be governed by their decisions. Each session is to insure that it will be adequately represented at respective meetings of the higher courts. It shall appoint and certify delegates to the meetings of presbytery and Synod and shall furnish certificates signed by the moderator and clerk. The elders who are delegates to any regular meeting  of the superior courts shall be members of any special meeting, unless it be a meeting for the purpose of changing the time or place, in which case the delegates to the ensuing regular meeting shall serve.

 9. All judicial action affecting the standing of the members of the congregation shall be initiated in the session, and the trial shall be conducted in accordance with the rules  set forth in the book of Discipline. All communication, appeals are addressed to presbytery or to Synod must be brought before the session for transmission to the higher court. It shall be transmitted unless the communication deals with improper subjects or is expressed in disrespectful language. The transmission of the paper by the session does not imply its endorsement of the views expressed.

 

D30

臨時会は議長によって彼の判断に基づいて召集されることができる。又は、要請 に応じて議長によって召集されることができる。会議の構成、及び、停会は議事録にしかるべく記録されなければならない。そこには、出席した議員の名前が明 記あれなければならない。(訳注。議員の入退場も記録されなければないという意味である。)小会のすべての会合は主から牧会を委ねられている小会が牧会を 委ねられている人々に関することを取り扱う上での知恵を求める祈りを中心として常に行われなければならない。どのような決定も通例に従って召集され、正式 に構成された集会によって為される事なしには決して正式ではない。非公式な議員達の会合によって合意された決定は必ず、通常の小会によって正式に承認され 記録されなければならない。すべての小会の会合の議事録は訂正と承認のため、必ず、読まれなければならず、議事記録書に正式に転記されて議長と書記の署名 を得なければならない。小会の議事記録書は年に一度、ないし、中会が定める適切な回数に従って、中会によって、閲覧されるために提出されなければならな い。

6.小会のみが会衆(各個教会)への入会、又、退会を決定することができる。 書記は教会員として入会した者、又は、教会員籍が停止された者、又は、教会員籍より除かれた者についての正確・完全な記録を保たなければならない。それは 洗礼による入会の場合には洗礼を受ける子供の出生日を含む記録でなければならず、又、死亡による退会の場合には死亡の日付が記録されなければならない。そ の記録は一つ一つの出来事の日付を含まなけれならない。書記は陪餐会員籍にある者の又、洗礼会員である者、又、その会衆の会員ではない各個教会において聖 餐に与ることを承認されている者(訳注.日本中会においては在留会員と呼ぶ)の現在の名簿を常に保持しなければならない。

7.小会特有の責任は会衆及びそのそれぞれの会員の霊的な利益の ための世話を行うことである。それ故に小会は教会の諸原理に沿って公的な礼拝の定めを維持しなければならない。すなわち、賛美のためのリーダーシップに関 して、又、礼典の遵守に関して、又、会衆の人々に対する訪問に関して責任を負うものである。その小会は会衆におけるキリスト教教育、伝道又は宣教活動の為 の諸会合、青年会その他の活動及び諸組織を一般的に監督する責任がある。小会は教会の建物の不適切な使用、又は、秩序に乱す使用に対して守らなければなら ない。又、小会は青少年のために全人格的なレクリエーションを提供することに特に配慮を払わなければならない。

8.小会は上級会議に対して従属するものであり、その決定に沿っ て、治められなければならない。それぞれの小会はその上級会議の定められた会合において、適切に代表が出席することを確認しなければならない。小会は中会 及び大会の諸集会に対し、代表団を任命し、又、議長と書記の署名がある代表団としての証明書を与えられなければならない。上級会議の定例会議に対する代表 なる長老は臨時会に対する代表となる。特定議題の臨時会ではなく、ただ、時・場所を変更する目的だけにその臨時会が開催される場合には次回の定例会議の代 表となる長老がその務めにあたるのが相応しい。

9..その会衆の会員の身分に及ぼす全ての法的な行為は必ず小会に よって始められなければならない。又、法廷は訓練書に記されている規定に従って運営されなければならない。中会ないしは大会に対して当てられたその会衆の 構成員による全ての要望(提言)、訴え、苦情の文書は上級会議に伝達されるために小会に提出されなければならない。建徳的でない主題、又は、誹謗中傷にあ たる言語によって表現されていない限りはその文書は必ず、上級会議に伝達されなければならない。小会によってその文書が伝達されたということはそこに記さ れている見解に対して承認を意味するものではない。

頁30


 10. A session may present a paper to presbytery on any subject to which, in its  judgment, the attention of the presbytery should be called. It may refer to the presbytery any doctrinal or disciplinary difficulty with which it does not feel competent to deal. Such reference shall be accompanied by a full statement of the problem.

 * Refer to Robert's Rules of Order.

 

 

 CHAPTER 5

 

The Board of Deacons

 

 1. The work of the board of deacons is a spiritual service and is administrative. The board does not have legislative or judicial powers. In the absence of deacons their ministries of mercy and stewardship are included in the responsibilities of the elders.

 

 2. The deacons shall organize as a board, choosing a chairman and secretary from their own membership, and also a treasurer, unless the congregation fills this office. They shall meet at stated intervals and shall open and close their meetings with prayer. Adequate records of these meetings should be recorded.

 

 3. The duties of the board of deacons include:

   a. Maintaining an active ministry of mercy. There should be a mercy fund for the relief of needy persons, both within the congregation and outside of it, whether Christian or non-Christian. The mercy fund may be supplied by voluntary gifts above the regular offering and may be kept in a separate account. Session may assign other tasks that relate to the ministry of mercy.

 

   b. Overseeing the finances of the congregation. This includes receiving the offerings and other income and keeping an accurate record of all contributions. It also includes the responsibility of insuring that the financial obligations of the congregation are met, and that periodic financial reports are made to the congregation. Financial policies and the development of stewardship should be the responsibility of the session.

     The deacons should oversee a proposed budget for congregational approval providing for the needs and responsibilities of the congregation including an adequate salary for the pastor and other employees. The deacons should make the congregation aware of and encourage giving to other works of the church as reflected in the missions and ministries of presbytery and Synod.

D31

10. 小会はどのような事柄についてでも中会に対して独自の 判断によって文書を提出することが出来、中会は注意を払わなければならない。又、小会がそれを取り扱うのに充分でないと自認した場合には教理的ないしは戒 規上の困難な問題を中会に助言を求めることが出来る。その様な場合にはその問題についての十分な叙述が伴わなければならない。

ロバートの会議秩序規定

5

執事局

 

 

1.執事局の働きは一つの霊的な奉仕であって行政的(業務執行)である。
この局は立法的ないし司法的権能を持たない。執事が空席である場合にはその慈善と主の家の管理運営の奉仕は 長老達の責任の中に含まれる。

 

2.その構成員の中より議長と書記、又、会計を選出し、局を組織する。ただ し、会衆がその会計を別に選出する場合にはその限りではない。執事局は、定期に会合をし、祈りを持って始め、祈りを持ってその集会を閉じなければならな い。適切なこれらの会合の記録が議事録に記録されなければならない。

 

 

3.執事局の義務は以下のことを含む

a.慈善に関する活発な奉仕の維持。困窮している人の救援する為 の義捐基金が会衆の中、会衆の外に対しての、又クリスチャンに対して、非クリスチャンにたいして関わりなく設けられなけられねばならない。慈善基金は通常 の献金に加えて為される自発的な寄付によって供給されるものであって、会計として別の口座に管理されなければならない。小会は慈善の働きに関連する業務を 執事局の業務として指定することが出来る。

b.会衆(各個教会)の財政を監督すること。このことは献金を受 けること、他の収入を受け取ることを全ての献金に関する正確な記録を残すことを含む。それは、又、会衆の支払い責任が果たされていることを確認する責任を 含む。又、会衆に対して定期的な会計報告を為す責任を含む。教会財政の方針、又、主の家としての管理運営の企画及び促進は小会の責任である。執事達は牧師 とその他の働き人に対する適切な給料を含むその会衆の経済的必要と責任を満たす為の予算を会衆の会員会議の承認を求める為に準備する奉仕を含むものであ る。執事達は中会や大会の宣教計画、活動奉仕計画に現われている教会の活動の為に捧げものが為されるように励まし、それらの事が会衆に対して充分自覚認識 するように勤めなければならない。

31

 


 


c. The deacons should oversee the maintenance and repair of the property of the congregation.    Large financial outlay, not included in the annual budget, shall be submitted to the congregation for approval.

 

CHAPTER 6

 

The Presbytery

 

1. Groups of congregations are organized into presbyteries within certain geographical boundaries. Appeal for such organization may be made to the Synod by interested congregations.

 

2. The Synod, alone, may organize a presbytery, define its approximate boundaries, determine which congregations shall be under its oversight, and approve its name. The credentials of all teaching elders, including those who are serving as ruling elders in particular congregations, shall be held by the presbytery in which they reside. The session of each congregation within the presbytery shall send delegates to each meeting of presbytery; these would normally include a teaching elder and a ruling elder, but congregations with more than one hundred members (communicant and baptized) shall be entitled to an additional delegate. Each presbytery shall determine its policies for other certifications and for participation in the travel fund. Elders from other presbyteries and elders from other denominations with whom we have fraternal relations may be invited to be consultative members without the right to vote.

 

3. A presbytery shall hold regular meetings at least once a year. It shall meet within its boundaries except, by permission of Synod, during the meeting of Synod. In the latter case due notice of the meetings shall be given on the floor of Synod. The elders of the presbytery who are delegates to Synod shall be members of such meetings of the presbytery. An Ad Interim Commission may be appointed to attend to necessary business in the interval between regular meetings.

 

4. A presbytery may arrange special meetings. The moderator may, at his own discretion, or upon the request of two members, call a meeting to transact business requiring immediate attention. At least ten days' notice shall be given, and the call shall specify the business to be considered. The first decision after the organization of the court shall be on the question of sustaining the action of the moderator in calling the meeting. The presbytery shall consider only the business specified; other items may be introduced by a two-thirds vote.

5. If a presbytery adjourns without fixing a time or place for the next meeting, or if the presbytery fails to meet at the fixed time, it shall be the duty of the moderator, or if he is absent or disqualified, of the clerk, to call a meeting of the presbytery that it may resume its functions.

D32

c.執事達は会衆の財産の維持と修理 を監督する。大幅な財政支出で年間予算に含まれていないものは会員会議の承認を得なければならない。

 


6

 

中会

 

1.ある一定の地理的な境界の中にあ る会衆(各個教会)のグループは中会(管轄区長老会議)として組織される。そのような組織についての要請は関与する複数の会衆(各個教会)によって、大会 に対して為されることが出来る。

 

2.大会のみが中会を組織し、その適 切な区域境界を定め、その管轄下にある会衆(各個教会)を特定し、その中会の名称を承認する。全ての信任状はある特定の会衆(各個教会)で、治める長老と して奉仕している教える長老も含めて彼らの居住する地域の中会によって保持される。その中会の中にあるそれぞれの会衆(各個教会)の小会はそれぞれの中会 会議に代表団を送る。その代表団はひとりの教える長老とひとりの治める長老とを含むが、100人以上の会員を有する会衆(各個教会)は陪餐会員と幼児洗礼 を受けた会員(洗礼会員)とを合わせて100人毎に1名の長老を追加するも のとする。それぞれの中会は中会の発行する証明についての認定基準と中会が設立する旅費基金に与るための基準とを定める。改革長老教会大会が公式な友好関 係にある他の教派からの長老達は投票権を持たず、助言をすることができる議員として、会議に招かれることが出来る。

 

 

3.中会は少なくとも年に1度定例会議を持たなけ ればならない。中会は区域教会内の場所で開かれなければならいが大会期間中に大会の許可によって開く場合はそのかぎりではない。しかし、その場合には大会 の議場において、その会議の告知が相応しく為されなければならない。大会の代表団の構成員である中会の長老たちがその様な中会会議の議員となる。中会の定 例会議の間隙に生じた避けられない議事に対応するためにアド・インテリムコミション(委任委員会)が任命される。

 

4.中会は臨時会を設定することが出 来る。議長は彼自身の判断によって、又は、2名以上の議員の要請の 基づいて、早急な対応を要求される案件を取り扱うために会議を招集する。少なくとも10日間の告知が為されなければならず、その中会会議への招請にはその 会議で審議される案件が特定されていなければならない。会議が構成された最初の決議として、この会議を招集した議長の決定を支持するか、否かが決議が為さ れなければならない。中会会議は特定された案件のみ審議するものであるが、他の議案も3分の2以上の議決を得れば導入することが出来る。

 

5.もし、中会が次回の会議の「時」 と「場所」を定めることなく閉会した場合、又は、中会が定められたときに会議を持つことが出来なかった場合には中会の機能を回復させるために中会を招集す る務めは議長の義務である。又、もし議長が不在であったり、又は、その職務を執行できない状態である時は書記の職務となる。

32



  Notice shall be sent through the sessions to each congregation at least ten days before the time set. If a presbytery becomes permanently disorganized, the Synod shall allocate the congregations to the presbyteries that are most convenient.

 

6. A quorum for the transaction of business shall consist of a number equal to one-half of the congregations on the roll of presbytery, one-fourth of whom shall be ruling elders, but a smaller number may adjourn from time to time until a quorum is obtained.

 

7. Each presbytery shall elect from its members a moderator, a clerk and, if needed, an assistant clerk, These shall serve for one year and may be re-elected. It shall be the duty of the moderator to see that each session of the court is opened with a devotional service and constituted and adjourned with prayer in the name of the Lord Jesus Christ, King and Head of the Church. The moderator shall perform the duties commonly belonging to the presiding officer in a church court; he shall state the subject to be discussed, keep members to the questions before the court, maintain order, decide disputed points of order not matters of law and, if requested, sum up the arguments before putting the vote; he does not vote when the aye's and nay's are called for, and in other cases does vote when the aye's and nay's are equal on a question.

 8. In case of the absence or disability of the moderator, the clerk shall have power to call a special meeting, if necessary. Upon convening, either in regular or special session, the court shall be constituted by the last preceding moderator, who shall preside during the organization of the court and the election of a new moderator or of a moderator pro tem.

 9. The clerk of presbytery shall keep the minutes of the presbytery meetings, which shall be read, corrected and adopted at the close of each meeting. He shall prepare a list of items of unfinished business which should have the attention of presbytery. He shall see that the record book of the presbytery is presented at Synod for review, and shall prepare a report to synod every year concerning students of theology, licensures, ordinations, installations, the number of teaching elders, those without charge, congregations without teaching elders, the dissolutions of pastoral relationships, the organization, disorganization, union or division of congregations, important congregational or presbytery- wide projects and other data which indicate the conditions within the presbytery. The report must be submitted to the presbytery for adoption before it is presented to the Synod.

 10. It is the duty of the presbytery to maintain a faithful supervision over all the congregations within its bounds and to provide for presbyterial visitation, to guard against any teaching contrary to sound doctrine and any corruption of the worship of God, and to institute presbyterial discipline when necessary. The presbytery should give special care to vacant congregations, see that they are properly organized, that the sessions and boards of deacons and trustees function as they should, and that the ordinances are regularly maintained.

D33

定められた日時の少なくとも10日前 にそれぞれの会衆(各個教会)に小会を通して、開催告知が伝えられなくてはならない。もし、中会が恒久的に解散させられた場合は、大会はそれに属していた 会衆(各個教会)をもっとも適切な(手近な)中会に配置換えしなければならない。

 

6.議案を審議する定足数は、中会の 所属教会名簿の会衆(各個教会)の半数を持って構成される。但し、その会議に参加している四分の一は治める長老でなければならない。その数に足りない場合 には、直ちにその場で閉会をし、定足数が再び、満ちるのを待たねばならない。

 

7.それぞれの中会はその議員の中か ら議長と書記を選ばなければならない。又、必要な時は補助書記を選ぶことができる。その任期は1年であり、再選される ことができる。、各中会会議がデボーショナルな礼拝を持って始められ、そして教会の王であり頭であるキリストの御名による祈りのよって構成され、閉会され るということを確認することは、議長の義務である。議長は教会会議の司会する役員に共通する義務を執り行うものであり、まず、議されることの議題を提示 し、さらに、議場に現在提示されている問題から逸れないように議員たちを集中させ、秩序を保ち、規定には明記されていないが、定めなければならない会議の 秩序に関する対立意見について、決定を下し、もし、議場から要求されるならば、議決が行われる前に論議を要約しなければならない。「賛成(アイ)」と「反 対(ネイ)」を発声投票を求める時には、議長はその投票に加わらない。しかし、その案件に関して、賛否が同等であるとみなされ、他の投票の方法がとられる 場合、投票は行う。


8.議長が欠席している場合、又は、 職務を行なうことができない場合には、必要であれば書記が、臨時会を招集する権能を有する。臨時会であれ定例会議であれ、前回の会議の議長によって構成さ れる。彼は、組織と新議長と次期議長の選挙の間、議長を務める。

 

9.中会の書記は中会会議の議事録を 作成しなければならない。それは各会議の最後に読まれ、修整され承認されねばならない。彼は決定に至らなかった議案の一覧表を中会の注意を喚起するために 用意しなければならない。又、中会の諸記録が大会に閲覧のために提出されるようにしなければならない。毎年、以下の事項について大会に対して報告をようい しなければならない。すなわち、中会監督下にある神学生の名前、説教資格・牧師資格免許者の名前、按手又就任の記録、教える長老の数でその内、任務につい ていないものの名前、無牧である会衆(各個教会)名、牧会関係を解くことに関する記録、教会(各個教会)の組織・解散・統合・分割についての記録、重要な 中会の下にある会衆・中会自体の行事そして、中会の諸状況をよく示すその他のデーターである。この報告は大会にて提出される前に承認のために中会に提出さ れなければならない。

 

10.その中会の領域の中にある会衆 (各個教会)のすべてに忠実な監督(見守り)を維持することは中会の義務である。又、健全な教理に反する教えや神礼拝のあらゆる腐敗の兆候に対して、教会 を守ることもそうである。中会による各個教会への訪問、又、必要な時には中会の段階における戒規を執り行うことも中会の義務である。中会は無牧の教会に対 して特別な配慮をしなけれならず、その教会が適切に組織され、小会と執事会と管財委員会とがあるべき機能を果たし、定められた礼拝、礼典が規則的に維持さ れていることを確認しなければならない。

11. Presbyteries should make a careful survey of the territory within their bounds with a view to establishing preaching stations in needy fields which might be nurtured into congregations.

 

12. In the case of a "new mission work," a presbytery, or a commission of presbytery, may establish a mission church. The mission church differs from an organized congregation in that it has no permanent governing body of its own, and therefore must have the special oversight of presbytery. However, it is the purpose of the mission church to mature and become an organized congregation as soon as this is feasible. The status of a mission church shall be reviewed by the presbytery on an annual basis.

 

    Because of its transitional nature, the mission church requires temporary organization. The right to administer the sacraments, to receive members, and to exercise discipline would be the responsibility of the temporary governing body, which may be established by presbytery in one of the following ways:

 

  a. The presbytery may cooperate with the session of an existing congregation in arranging a parent-child relationship. The session of the parent congregation would be appointed by presbytery to serve as the temporary governing body of the mission church.

 

  b. The presbytery may appoint a commission to serve as the temporary governing body of the mission church.

 c. The presbytery may appoint a provisional session consisting of at least two elders who are already involved with, and on the site of the prospective mission church and/or other elders as the presbytery deems necessary. This provisional session may be appointed for a period of up to One year.

       Members thus received into a mission church are communicant or baptized members of the RPCNA. Mission churches shall maintain their own rolls of communicant and baptized members in the same manner as an organized congregation. However, the financial assessments for an organized congregation may be waived in the case of a mission church. Mission churches and their members shall have the full rights of judicial process of the courts in appeal from their governing body, and shall enjoy the same status as organized congregations in relation to civil government.
Organization of a mission church need not require a special meeting of presbytery but may proceed simply by a decision of presbytery. Such action should be conveyed in writing to the mission church's temporary governing body. This process is outlined in Chapter 2.

D34

11.中会はのちに、会衆(各個教 会)として養成されるべき伝道所を必要とされている地域に設立するということを視野に入れて、自ら自身の境界線内にある地域の注意深い調査を為さなければ ならない。

 

12.新しい伝道の働きの場合には中 会又は中会の委任委員会が伝道教会(伝道所)を設立する。伝道教会(伝道所)はそれ自身の中に恒久的な自治をする政治体を持たない点で組織された会衆(各 個教会)とは異なっており、従って、中会の特別な監督(オーバーサイト)を得なければならない。しかしながら、伝道教会(伝道所)のその目的はそれが可能 な状態に至った時、直ちに、ふさわしい成熟した会衆(各個教会)として成ることが、伝道教会(伝道所)の目的である。教情は毎年中会によって、見直さなけ ればならない。その過渡的性質のゆえに伝道教会(伝道所)は暫定的組織を必要とする。聖餐式を執行し会員を受け入れ、戒規を執り行う権利は暫定的なその政 治体(暫定小会)の責任である。それは以下の一つの方法で設立される。

 

a.中会はすでに存在している会衆 (各個教会)の小会と共同して親教会と子教会の関係を生み出す。

親教会の小会は中会によって伝道教会 (伝道所)の暫定的政治体として奉仕するように任命される。

 

 

  b.中会独自には委任委員会を任命し て伝道教会(伝道所)の暫定的政治体(暫定小会)として使えさせる。

 c.中会は中会が必要と判断するのそ の伝道教会(伝道所)のなるべき所の場ですでに関わっている者たち及び中会が必要と判断する他の長老達の中から、少なくとも二人の長老達を持って構成され る暫定小会を構成する。この暫定小会は1年 を任期として任命さ れる。そこにおいてその伝道教会(伝道所)に受け入れられる会員は北米改革長老教会の現住陪餐会員又は、洗礼会員である。伝道教会(伝道所)は自身の現住 陪餐会員と洗礼会員の名簿を組織された会衆(各個教会)と同様の方法で保持する。しかしながら、組織された教会に求められる財政的な分担金は伝道教会(伝 道所)の場合、免除される場合がある。伝道教会(伝道所)及びその会員は彼らの政治体(暫定小会)を通して、教会法的訴えを教会会議に提出する完全な諸権 利を有している。又、国家政府等との関係においては組織された全く同じ資格を認められる。伝道教会(伝道所)の組織は中会の(教会建設のための)臨時会を 必要とせず、中会の決定を得るのみで自動的に組織されることができる。そのような決定は伝道教会(伝道所)の一時的政治体(暫定小会)に文書を持って伝達 されなければならない。[02/06/18メモ伝道教会と伝道所の区別は中会検討要]

この過程は第2章に概括されている。


13. The presbytery shall review the sessional records of the congregations once a year and make note of anything contrary to the law and order of the church. It shall adjudicate all matters coming before it by appeal, complaint, reference or petition from the sessions, or from members of the congregations, if properly transmitted by the sessions, and shall transmit to the Synod all papers, regular in form, requiring the attention of that body. If a session refuses to transfer any paper submitted by an individual member, he may appeal to the presbytery and ask for a hearing.

 

14. The presbytery shall have oversight of the men preparing for the gospel ministry and shall have power to license candidates for the teaching eldership. It shall direct the moderation of calls, determine whether they are in order, and present them, if considered to be for the best interests of all concerned. The presbytery has power to ordain, install, try, remove, suspend or depose teaching elders. It shall receive the credentials of teaching elders from other presbyteries and transfer such credentials to other presbyteries. It may receive teaching elders from other denominations or dismiss teaching elders who desire to withdraw from this denomination. (See chap. 3, sect. II.)

 

15. The presbytery is subordinate to the Synod, is bound by its action, and is under obligation to carry out its decrees. It is the right and privilege of the presbytery to petition Synod.

 

16. The presbytery may facilitate its work by referring to committees various items of business for consideration and for report with recommendations. The presbytery may also transact business through commissions. A commission has the full authority of the court which appoints it in matters referred to it, subject to the review of the appointing court. The Ad Interim Commission, appointed to attend to necessary business between regular and called meetings of presbytery, may attend to the moderation, sustaining, and presentation of calls and to installations, and may arrange for ordinations; they also are to deal with other items which need the attention of the presbytery in the interim. A judicial commission may be appointed to investigate a situation or adjudicate a case which has come before the presbytery. A quorum of a commission shall consist of not less than two-thirds of its members. A commission shall report to the presbytery and submit its minutes, which shall be spread on the minutes of the presbytery. The minutes of the commission cannot be changed by the presbytery, but the presbytery may rescind the action of the commission.

 

17. The presbytery, having completed its work, shall adjourn in prayer in the name of the Lord Jesus Christ, the King and Head of the Church, to meet at a given time and place.

D35

13.中会は年に1度、各教会のの小会記 録を閲覧し、この教会の法と秩序に反する事があれば、すべてそれを記録しなければならない。中会は小会から適切に伝達された場合には、又、各会衆(各個教 会)の会員達からの訴え・苦情・問い合わせ・請願によって議場にもたらされるすべての事柄を裁決するものであり、すべての提言書類をそれが大会によって求 められている形態を取っているかぎりはそれを大会に伝達するものである。もし、小会が各個人に提出されたどのような提言書類をも伝達することを拒否した場 合にはその個人は中会に対して訴え出ることができ、聴聞を願い出ることができる。

 

14.中会は福音の働きのために準備 をしている男性達を監理(オーバーサイト)するものであり、又、教える長老の候補者に彼らに免許を与える権能を持っている。中会は招聘を仲介(取り次ぐ) する務めを取り仕切り、それが秩序にかなっているか否かを決定し、それが関係者すべての最良の利益と判断される場合にはそれを候補者に提示する務めを果た す。中会は教える長老を按手し、任職し、試問し、解任し、停職し、按手を剥奪する権能を持っている。中会は他の中会から教える長老の信任状を受け、又、そ のような教える長老の信任状を送るものである。中会は又、他の教派から教える長老を受け入れる事ができ、又は教える長老を他の教派へ退会を望む教える長老 を退会させる権能を持つ。

 

15.中会は大会の下に従属してお り、その決定によって拘束される。そして、大会の決定事項を執り行う義務を負う。しかし、中会は大会に請願を行うことは中会としての権利と特権である。

 

16.中会はさまざまな中会が執り行 うべき仕事について検討させたり、又、幾つかの具体的提言を附した報告を提出させるためにそれらの項目を委員会に委託することによってその仕事を軽減する ことができる。中会は又、委任委員会を通してその仕事を代理執行させることができる。委任委員会はその委任された事柄については中会議場と同等のすべての 権限を有するものであり、それと同時に任命した中会の議場に対して、それとともに決定した事柄については追認を必要とする。アド・インテリング・コミショ ン(休会期委任委員会)は通常の召集された定期の会議と会議の間に生じる仕事を執り行う為に任命され、招聘の仲介の指示・伝達を行い又、任職式のために奉 仕し、又、牧師(教える長老)按手礼を準備する、又、これは中会と中会の会期の間に中会が関心を払う他の事柄も取り扱うきものである。司法委任委員会は、 中会の前に提示された状況を調査し、又その件について裁決を下すために任命される。委任委員会の定足数はその構成員の3分の2を欠い てはならない。委任委員会は中会に対して報告を為すとともに記録を提出し、委任委員会の記録は中会の記録の中に組み入れられ なければならない。委任委員会の記録は中会によって変更されることはできないが、中会は委任委員会の裁決を取り消すことができる。

17.中会はその働きを完了した時、 教会の王であり頭であるイエス・キリストの御名によって祈ることで閉会されるべきものである。又、次回会合の時・場所が定められなければならない。


CHAPTER 7

 

The Synod

 

 1. The Synod of the Reformed Presbyterian Church of North America is the  highest court of the church, and is the bond of organic union, cooperation, and mutual helpfulness, between the presbyteries. It is responsible for the continuing reformation of the church in maintaining the subordinate standards of the church in harmony with the Scriptural truth and order. Its decisions are final, but  its authority is limited by its subordinate standards. Within the subordinate standards of the church, those documents that declare confessional truth  ( Westminster Confession of Faith and Catechisms and the Reformed Presbyterian Testimony) constitute the fundamental law of the church while the documents that declare the functions of the church (Directory for Church Government, Book of Discipline and Directory for Worship) together with the actions of the Synod constitute the law and order of the church.

 

 2. The session of each congregation shall send certified delegates to each meeting of Synod; these would normally include a teaching elder and a ruling elder, but where a congregation has called other teaching elders to serve on its staff they should also be certified as delegates. Congregations with more than 100 members (communicant and baptized) shall be entitled to an additional delegate. Teaching elders who are retired or who are serving the church under oversight of boards of Synod or are certified by a presbytery are also delegates to Synod. The clerk shall make up a roll of all of the above-mentioned elders. No member shall withdraw from the Synod before final adjournment without the consent of the court. Synod shall reimburse from its travel fund certified delegates from each congregation. All teaching elders and others required to be there for Synod's business are also eligible to participate in the travel fund.

 

 3. The Synod shall meet annually and before the adjournment of any meeting shall fix the time and place of the next meeting. Synod may itself appoint special meetings to attend to particular business. In cases of emergency, the moderator may at his own discretion, or in response to the request of a presbytery, or of twelve elders representing at least two presbyteries, call a special meeting. If for  any reason the moderator is unable to act, the clerk may issue the call. At least thirty days' notice shall be given, and the purpose of the meeting specifically stated. The call of the moderator must first be sustained before Synod can proceed to the business specified, and no other business can be transacted at any special meeting except by a two-thirds vote of the court.

 

 4. A quorum for the transaction of business shall consist of a number equal to one-half of the congregations upon the roll of Synod, one-fourth of whom shall be ruling elders, but a smaller number may adjourn from time to time until a quorum is obtained.

D36

7章

大会(シノッド)


1.北米改革長老教会の大会(シノッ ド)は教会の最高会議である。そして大会は中会間相互の有機的結合・お互いの助け合いのそのもののである。大会は教会の継続的改革に対し、責任を負うもの であり、それは聖書の真理と秩序に調和することを前提として、教会の従属的信仰規準を保つすることによって為される。その決定は最終的であるが、その権威 は教会の従属的信仰規準によって限定される。教会の従属的信仰規準の中には信仰告白的真理を告白する(ウェストミンスター信仰告白・大小教理問答及び改革 長老教会証言書)の中に信仰告白を宣言する諸文書があり、それらが教会の根本的法を構成しているが、他方、教会の諸機能を明言している諸文書(教会政治指 針・訓練書・及び礼拝指針)がある。それらは大会の諸決議とともに、教会の法と秩序を構成している。

 

 

 

2.各会衆(各個教会)の小会は大会 (シノッド)の会合に対してある代表団を資格を付与して送らなければならない。その代表団は通常の場合、教える長老1名と治める長老1名によってなるが、会 衆(各個教会)が他の教える長老たちもそのスタッフとして招聘した場合は、彼らも又代表団の一員となる資格が与えられる。100人以上の会員(陪餐会員及 び洗礼会員)を有する会衆(各個教会)は一名の代表が増員される。引退した教える長老たち又は、大会の諸局・監督下にあって教会に使えている教える長老た ち、又は、中会によって有資格と認められている長老達も又、大会への代表団の一員である。書記は以上述べた長老達の点呼のための名簿を作成しなければなら ない。議場の同意無しに散会前に大会からその議員は退出してならない。大会は各会衆(各個教会)の有資格の代表団に対して旅費基金から費用を支出する。す べての教える長老及び大会の会議の為にそこに出席することを正式求められた者たちも、又、旅費基金にあずかることができる。

 

3.大会は毎年開催され、各会合の閉 会の前に次回会合の時と場所を定める。大会はある特定の議案を審議するために臨時会を定めることができる。緊急の場合には議長は彼自身の裁量によって、又 は中会の要請に応えて又は二つの中会を含む12人の長老によって臨時会を召集することができる。もし、何かの理由で議長がその任にあたることができない場 合は書記がその召集があたることができる。少なくとも30日の予告が為されなければならず、その臨時会の目的が具体的に明記されなければならない。議長の 招集の決定は議場において、大会が大会が特定された案件に議を進めるまえに、必ず、賛成を確認されなければならない。定められた案件以外の案件はどの臨時 会においても議場の三分の二以上の議決を得てなければ審議されることはできない。

 

4.議案を決議するための定足数は大 会の名簿に記載されている会衆(各個教会)の半数の同等の数を持って構成されるがその四分の一は治める長老でなければならない。その以下の数の場合はその 定足数が満ちるまで待たなければならない。


5. The annual meeting of Synod shall begin with a service of worship. The retiring moderator, or an alternate appointed at the previous meeting, shall preach the sermon. The moderator shall then constitute the court with prayer. In case of the absence or disqualification of the moderator, the court shall be constituted by the last preceding moderator. After the call of the roll by the clerk, Synod shall proceed to the election of a moderator. Any member of the court may nominate a candidate. Any member of the court may be elected moderator. The election may be by ballot, voice, show of hands, or rising, as the court may choose. The moderator-elect shall immediately assume office.

 

6. After election of a clerk and assistant clerk, the former clerk shall submit his report, concerning the duties assigned him by the previous Synod, and listing the errors of the published minutes. The adoption of the clerk's report shall constitute Synod's approval of the published minutes as corrected. The clerk shall make the necessary corrections in one official copy of the published minutes, certify them as correct, and place them on file in the office of the stated clerk, who is the official statistician and keeper of records for the denomination. Synod's clerk shall have previously prepared and published a docket for the approval of Synod together with the reports of boards and committees. He shall include in the docket a list of items of unfinished business.

 

7. Each day's session of the meeting of Synod shall be constituted and adjourned in the name of the Lord Jesus Christ, the King and Head of the Church, either by the moderator or by a member of the court named by him.

 

8. It shall be the duty of the moderator to preside over all meetings of synod during his term of office, which shall be until the next annual meeting of Synod.   He shall see that the business of Synod is conducted in an orderly manner, according to the general rules governing ecclesiastical assemblies, and any special rules which Synod may have adopted. He shall appoint the regular and standing committees of Synod not otherwise provided for. Committees shall ordinarily consist of three to five elders. The person first named shall be considered chairman of the committee.

9. The clerk shall make up the roll of Synod, which shall be taken at each session of Synod. He shall keep a record of the attendance, and include it in the published minutes. The minutes of each session shall be read for correction and approval.

10. The work of the Synod shall be carried on through boards, permanent committees and commissions (see chap. 6, par. 16), which shall make a full report of their work at each meeting of Synod. Membership of these agencies shall primarily consist of ordained officers, and shall work according to the instructions of Synod. Permanent boards and committees shall be so organized that the terms of only a minor portion of their membership expire each year. In most cases, the term shall be for three years, one-third of the members being elected each year. Except as approved by Synod as essential to continue, members of boards and committees are limited to two consecutive terms.

D37

5.大会の定例会は礼拝によって始め られる。前任の議長、又は、前回の会議において任命された代行者が説教を行う。その後、議長は祈りを持って会議を構成する。議長が欠席ないしはその職を行 なう資格を失った場合には議場は前任議長によって構成される。書記によって、議員名簿が点呼されて後、大会は議長選挙に進む。議場の構成員はだれでも候補 者を指名することができる。議場の構成員はだれでも議長として選ばれることができる。選挙は議場の選択により、投票・発声・挙手。起立のいずれの方法に よっても為されることができる。議長として選ばれた者は直ちにその職に就く。

 

6.書記および補助書記の選挙の後、 前任書記が前回の大会によって彼に委任された任務に関する書記報告を提出し、出版された議事録の誤りのリストを提出する。書記報告が受け入れられることに より、出版された議事録の修整された大会用の承認が為されたものとなる。書記は出版された議事録の内、1冊の正式なコピーに必 要な修整を加え、それを原本であると認証した上で、それを常任書記の事務所のファイルの中に置く。常任書記は教派の公式の統計責任者であり、記録保管者で ある。大会の書記は各局及び委員会の報告とともに合わせて大会の承認を得るべき議案書を準備し、前もって交付しなければならない。書記は未完了の議案の事 項一覧表を議案書に含めなければならない。

 

 

7.大会の会合の毎日の議場は教会の 王であり頭である主イエスキリストの御名によって議長又は、議長が指名する議場の一員の祈りにより構成され、又、終了する。

 

 

8.大会の次回の年次定例会にいたる すべての大会の会議を議を司ることが議長の任期であり、議長の義務である。彼は大会の議事が秩上正しい方法で執り行われるように確認しなければならない。 それは、教会会議を治めるための一般原則に基づくものであると共に大会が承認した規則があればそれに従わねばならない。他の方法が講じられる場合以外には 議長が大会の通常委員会又は、常任委員会を任命する。委員会は通常3人から5人の長老によって構成される。最初に名前を挙げられた人物がその委員会の 議長と考えられる。

 

9.書記の大会の議員名簿を作成し、 それは大会の各会合ごと・各日に点呼が為されなければならない。書記は出席の記録をつけ、それを出版された議事録に含めなければならない。各会合の議事録 は修整と承認のために朗読される。

 

10.大会の仕事は各局・常任委員 会・委任委員会を通して実施される。それぞれは各大会毎に活動の十全な報告を為さなければならない。(6章・16節を 参照)それの各局・委員会の構成員は主に按手された教会役員によって構成され、大会の教示に基づいて活動をする。恒久的に設置 されている各局・委員会はその構成員の一部が任期満了を迎えるような形で構成されなければならない。ほとんどの場合、任期は三年間であり三分の一が毎年選 出されることになる。大会によって肝要であると承認される場合には各局・委員会の構成員は任期は2回まで に限定される。

37


Vacancies may be filled by the Moderator, Clerk, and Assistant Clerk.

 

11. All communication from subordinate courts, or from individuals not members of the court, to be brought to the attention of Synod, such as papers, petitions, proposed overtures, appeals and complaints, unless presented by members of the court, must bear endorsement showing that they have been regularly transferred by the lower courts. Synod, however, may assume original jurisdiction over all matters affecting the purity and welfare of the church, and may, without complaint or appeal, investigate and adjudicate any matter requiring its attention or may direct the lower courts to deal with the matter. A complaint or appeal against the decision of a judicial commission of Synod may be made to the Synod itself.

 

12. Proposed major changes in the fundamental law require that formal notice be given to the Synod a year in advance. No change shall be made in the fundamental law of the church or the official formularies until the proposed change has been sent down in overture and has been approved by two-thirds of all the sessions of the church (not including provisional sessions) that cast votes and a majority of the elders voting. The Synod shall canvass the vote and declare the decision. (See Book of Discipline, chap 8.)

 

13. It is the privilege of a member of Synod to dissent from an action to which he is opposed and to have his dissent and the reasons therefor recorded in the minutes, if they are respectful and of reasonable length. He must, however, give notice of his dissent at the time the action is taken but may be allowed until the next day's session to formulate his reasons.

 

14. Synod shall determine the funds necessary to carry on the work of the church for the ensuing year and designate the amount to be allocated to the several boards and committees for their respective ministries. It shall also devise and recommend ways and means of raising the required amounts.

 

CHAPTER 8

 

Rules of 0rder for a Meeting of Synod

 

1. The following rules for the guidance of Synod are those commonly observed by the courts of all churches in the presbyterian system. Insofar as they are applicable they should be followed also by lower courts. It is not to be assumed that they meet every condition, for "Under extraordinary circum-

stances, extraordinary things may be done."

2. After the organization of Synod, the moderator shall call for the report of the Business of Synod Committee regarding papers addressed to the court (chap. 7, par. 11), together with recommendations to the Synod for action.

D38

空席が生じた場合には、その空席は議 長又は補助書記によって補われる。

 

11.下位の会議、又は、すべての下 位の会議(小会・中会)からの又、大会の大会の会議の構成員ではない個人からの申立書(communication)は大会の関心を引くべきものであっ て、意見書・請願・憲法改正提案・上告・異議などであるが、それは大会の構成員によって提出さ れない限りは、下位の会議から正規に転送されたということを示す承認の証しを伴わなければならない。しかしながら大会は、教会の純潔と建徳の影響するすべ ての事柄について独自の裁量権を持つものであるので異議申し立て、又は、上告の訴えが無い場合でも大会の関心を必要とする事柄を調査し、裁決を下すことが できる。又、それらの事柄を取り扱うことを下位の会議に指示をすることもできる。大会の司法委任委員会(司法上の決定に関する委任委員会)の決定に対する 異議申し立て、又は、上告の訴えは大会自体に対してされる。

12.教会の基本的な法規の大きな変 更はそれを提案する大会に対して、正式な告知が為されなければならない。教会の基本的法規、又は、正式な書式についての提案された変更が改正提言として、 大会より各個教会に送付され、それに対して投票を為した教会の全小会の三分の二(暫定小会を含まない)及び、投票した全長老の過半数の賛成票をもって、そ の承認を得るまで改正は為されてはならない。大会は投票を計算し、その決定を報告しなければならない。(訓練書8章を参照のこと)

 

13.大会の決定に対して不同意を表 明することは大会の議員としての特権である。彼の不同意、及び、その理由は記録されるべきものであるが、それが大会への敬意を損なわず、又、適切な長さに とどめられることが求められる。又、彼は大会決定が為された彼の不同意が告知されなければならないが、彼の反対の理由を文書化については翌日の会合まで猶 予されることができる。

 

14.大会はその大会から始まる教会 の年度の教会の活動を執り行う資金を決定すべきであり、又、各局・各委員会が奉仕の活動を為すために適切な金額を特定しなければならない。又、必要とする 金額を基金する手段・方法を案出し、各個教会に対して推奨しなければならない。

 






第8章

 

大会会議の秩序規定(大会の一つの会 合を秩上正しく運営するための規定)

 

1.大会の指針とされるべき以下の諸 規定は長老制度の中において、一般的に守られるものでもある。それが適用されうる限りにおいて、下位の会議においても従われなければならない。しかし、こ れらの規定がすべての状況において当てはまるものとされてはならない。通常でない状況のもとでは通常でない事柄が為されなければならないからである。

 

2.大会が組織され た後、議長は議場 に対して提起された緒意見(7章11項において為された改正提言〔communication〕を指す)に関して、それに対する大会の決定についての提案を伴って報告を為 すように大会の事務委員会の報告を求めなければならな い

 


Recommendations of the Business of Synod Commitee may include the following:
(1) return of the paper with reasons for the return stated,
(2) immediate action by the Synod,
(3) referral to a standing or special committee, commission or board for study and recommendations, or
(4) consideration by the Synod at another time.

3. Reports from boards, commissions, permanent committees, committees appointed by the moderator, and committees appointed by the Synod come properly before the Synod as they are scheduled in the docket. For reports that are printed in the Digest it is normal procedure to read only the recommendations. These reports and recommendations are before the court for immediate discussion and adoption unless some special disposition of the matter is proposed. No motion is necessary for Synod to take action on the recommendations or the report as a whole. No substantive changes are to be made in the body of the report on the floor of Synod; if a report is to be changed substantively it is to be resubmitted to the board or committee.

 

4. It shall be out of order to call for persons to be heard following a report, unless for a definite and special reason which shall be stated to the court; provided, however, that a single short speech, when needed to stress the value or importance of an item of the work of the church, shall be in order without special permission of the court. The time allowed for such a speech shall not exceed five minutes, except by special permission of the court; and the assistant clerk shall give a signal one minute before the expiration of the allotted time. When the court decides that persons shall be heard following a report, the time limit for any one speech shall not exceed ten minutes, and the total time for all speeches following a single report shall not exceed thirty minutes. The speakers shall be informed by the assistant clerk as to the amount of time at their disposal before they address the court. The assistant clerk shall be provided with a signal system, which he shall ring one minute before the expiration of the time for any such speech and again at the expiration of the time. If the speaker continues after the second ringing of the bell, the moderator shall require him to desist. Courtesy to a particular speaker must not be allowed to interfere with the business of the entire Synod.

5. All other matters to be considered by the Court must be brought before the Synod by motion of a member of the court and seconded by a member of the court. Motions are to be in written form and handed to the clerk before being debated and voted upon. Special resolutions fall into this category and if signed by two or more members of the Court do not need a second. A two-thirds vote of Synod is necessary to receive a special resolution following the deadline for the introduction of papers.

 

6. The moderator shall at all times enforce the rule that there be no discussion of any matter until there is a motion before the house. Main motions are used to introduce business, require a second and are debatable. Motions dealing with  expenditures of money should designate the recommended source for such expenditures.

D39

 

大会事務委員会の提言(事前審査提 言)は以下のいずれかである。すなわち

(1)返却の理由を明記した上でその 文書を返却する。

(2)大会によって直ちに決定をす る。

 (3)常任、特別、及び委任委員会、 又はある局に対して研究と提言(事前審査提言)を求めて付託する。

(4)他の次期以降の大会で取り扱 う。

 

3.局・委任委員会・常任委員会、議 長に任命された委員会、大会によって任命された委員会からの報告は議案書の中の大会日程にそれらが、含まれるように大会の前に適切に提出されなければなら ない。議案書の中に提出された報告類は提言(予備審査提言)のみを朗読することが通常の手順である。これらの提言(予備審査提言)は議場に対して、直ちに 議論に入り、承認を求めるべく提示される。ただし、ある特別な処置が提案される時は別である。提言(予備審査提言)、又は、その報告の全体の受け入れにつ いて、決定するに際しては、大会は動議を必要としない。大会の議場においては報告の機関部分について、本質的な変更が為されることは無い。もし、報告書が 本質的に変更されるべきである場合にはその報告はそれを報告した局・各委員会に再付託されるものである。

 

4.報告に引き続いて人々の意見を聞 くように求めることは秩序違反と見なされる。明確で特別な理由が議場に述べられる場合以外にはそれは許されてならないが、しかし、一つのことに絞った短い スピーチが教会の働きについてのある一つの項目の価値・重要性を強調する必要から語られることは議場の特別な許可無しであっても、秩序にかなうものと見な されなければならない。その様なスピーチに対して許される時間は5分を超えてはならない。特別な議場の許可がある場合には別である。補助書記は与えられた 時間の終了の1分前にシグナルを送らなければならない。議場が報告に引き続いて、人々の発言を聞く理由があると決定した場合には、一つのスピーチに対する 時間制限は10分を超えてはならず、一つの報告の後にあるすべてのスピーチの合計時間は30分を超えてはならない。

発言者は補助書記によって彼らが議場 に発言する前に彼らが使いうる時間を知らされねばならない。補助書記はシグナルを送る手段を与えられなければならず、それを用いてその様なスピーチの時間 の終了する1分前及び終了の時点でシグナルを送らなければならない。もし、発言者がシグナルがなっても発言を続ける時には議長は彼に中断を求めなければな らない。ある特定の発言者に対する礼儀、又は、配慮が全大会の議事を妨げることが許されてはならない

 

5.議場によって取り扱われるべき他 のすべての事柄は議場の一員の動議によって、大会(シノッド)の前に提起されねばならず、議場の他の1名の議員によって指示 が表明されなければならない。文章の形でなければならず、それが議論と、表決が為される前に書記に手渡されなければならない。特別決議はこの範疇のものと 見なされるが、しかし、議場の二人以上の議員によって、署名された場合には、更なる支持の表明は必要としない。提案等の文書の大会への提出期限後に受け入 れる特別決議の採択は三分の二の承認の投票を必要とする。

6.議長は議場の前に動議が為される までは、どの事柄も議論に入ってはならないという規則を常に固執しなければならない。主な動議が議事を導入するために用いられ、支持の表明が伴うことが必 要とされ、その動議自体が議論の対象である。金銭の諸支出を取り扱う動議はその様な諸支出を財源についての提案を特定して、提案されなければならない。


Motions calling for reports should indicate whether the report is to be brought to the current meeting of Synod or to a future meeting of Synod.

 

 7. Subsidiary motions are applied to main motions in order to dispose of them most appropriately. All require a second. They are as follows:

a. To commit. The object is to place the business in the hands of a smaller body for study and recommendations. A motion may be committed (or referred) to a board or existing committee or special committee. The motion to commit should designate the board or committee to whom the item is to be committed. Items involving the expenditure of money are automatically referred to the Committee on Finance. Items involving appointment or election of board or committee members are automatically committed to the Nominating Committee.

b. To amend. The object is to change or modify. Debate should be confined to the amendment. An amendment germane to the motion may be proposed. An amendment to an amendment may be moved, but no    further complication shall be permitted. The vote shall be first on the amendment of the second degree, then on the amendment to the motion, and finally on the motion as amended.

c.  To substitute. A motion not germane to the one being considered may be moved as a substitute. This is done by moving to lay the original motion on the table "to entertain the following substitute: '        '." If the motion to entertain the substitute carries, the substitute becomes the question before the house, and, if it passes, the original motion is lost. If the substitute is voted down, the motion comes automatically before the Court.

d.  To divide. If a motion contains two or more parts which involve separate principles or statements of fact, a division of the question may be called for and must be granted. Each part shall be considered and voted on as an independent motion.

e.  To lay on the table. The object is to postpone action until a later time. Discussion is limited to the propriety of postponing. It can be amended as to time. It requires a two-thirds vote. The item can be taken up again in the same session by a majority vote.

f.  To postpone indefinitely. The object is to kill the motion without bringing it to a vote. It is debatable and requires a two-thirds vote.

g.  To cut off debate (to call for the "previous question"). The object is to cut off debate on the motion immediately before the court. It requires a two-thirds vote. If passed, the only qualifying motion allowable is for a record of the aye's and nay's. The vote should be taken immediately. (To call "Question" from the floor is not appropriate, and has no formal validity.)

h.  To withdraw. A motion may be withdrawn by the maker with the consent of the second if it has not been debated. Otherwise consent to withdraw must be obtained from the court.

D40

報告を求める動議は、その報告が現在 の会議に対して、為されるべきか、大会の将来の会議に為されれてもよいかについて、明示されなければならない。

7.補助的な動議は主な動議が最も適 切に処理されるために、それらの動議に付随して為される。それらは成立には支持(セカンド)の表明が必要であり、それは以下の諸例である。

a.委任する動議     その目的 はその議事をより小さな集団として、研究と具体的提案の作成のために委任することにある。一つの動議は局・現在存在する委 員会・特別な委員会付託(委任)することにある。委任の動議はその事柄が委任される局ないし委員会を特定して為されなければならない。金銭の支出を含む事 柄の部分は、自動的に財務委員会に付託される。局ないし委員会の構成員の指名は又は選出を含む部分は自動的に任命候補選定委員会に委任される。

b.修整する動議     その目的 は、変更及び修整である。議論はその修正点にのみ限定されなければならない。原案の動議と密接な関係のある修正案は提案さ れることができる。修正案に対する修正案も動議されることはできるが、更なるそれ以上の複雑化は許されない。裁決ははまず、第一に修正の修正案から為さ れ、続いて原案の動議にたいする修正案が採決される。最終的に修整された原案の動議が裁決される。

c.代替する動議     同じ事柄 であっても、現在議場で論議されている原案動議と密接な関係のない別の案を提案する動議は、代替案として動議されることに なる。これが為されるためには代替案を受け入れるために、原案動議を卓上に置くという動議がまず為されなければならない。もし、代替案を受け入れるという 動議が可決された場合には、その代替案そのものが議場の前で論議の対象となる。そして、もし、代替案が通過したならば、同時に原案動議は否決されたことと なる。もし、代替案のほうが否決されるならば、原案動議が再び、自働的に議場の前に置かれることとなる。

d.分割する動議     もし、動 議が二つ以上の部分を含むそれぞれが区別された諸原理、又は、事実の表明を含んでいる場合には問題の論議の分割を求められ ることが出来、求められた場合には分割されなければならない。それぞれの部分が考慮され、それぞれが独立された動議として論議され裁決される。

e.卓上に置く動議    この目的は決定を後の 時まで延期することにある。

議論は延期が適切であるか,否か、と いう点のみに限定される。延期の期間に関しては、この動議は修整されることは出来る。三分の二の賛成の投票を必要とされる。同じ案件が同一の会議の中で多 数の賛成が得られる場合には再び取り上げられることが出来る。

f.無期限の延期の動議    この目的は、それを裁 決に至らせること無く原案動議を葬り去ることが出来る。動議自体が論議の対象であり、裁決にあたっては三分の 二の投票を必要とする。

g.論議中断の動議(先決要求の要 請)     その目的は議場が直接論議しているの論議を中断することにある。それは三分の二の投票を要求する。もし、そ れが通過すれば、その後許されること出来る有効な動議はただ、賛成と反対の投票の仕方のみになる。採決は直ちに為されなければならない。(議場から質疑を 要請することは適切でなく正式な正当性を有しない。)

h.取り下げの動議      もし、論じられていない段階のある場合には支持を表明したものの同意を得て、合議の提出者は動議を取り下げ ることが出来る。それ以外の場合には取り下げることの同意は議場より得なければならない。


i. To reconsider. The object is to bring back to the floor action already decided by the current meeting of Synod. A motion to reconsider can be made and seconded only by the members of Synod who voted with the majority on the previous action. The motion is debatable and requires a simple majority. If passed, the original motion is again open for discussion and vote.

j. To appeal the action of the Committee on Finance. Where the Committee on Finance recommends no action or modified action on recommendations or resolutions calling for the appropriation of money, boards and committees making the recommendations or those signing the resolution, or any two of them, shall have the right to appeal from this decision by moving and seconding the original recommendation or resolution on the floor of Synod immediately after the report of the Committee on Finance is disposed of.

 

 

8. Incidental motions which may be raised at any time are as follows:

 a.  point of Order. A member of the Court may at any time break into the debate, by gaining the moderator's attention, and saying, "I rise to a point of order." The moderator will ask, "What is your point of order?" Points of order may be: debate without a motion, debate not relevant to the motion, or a serious breach of decorum on the part of the speaker. The moderator shall decide whether the speaker or his debate is out of order.

 b.  Appeal. Any member of the court with a second may appeal from any decision of the moderator. The moderator may stand on his decision or submit it to the parliamentarians. If the decision of the parliamentarians or of the moderator is still appealed, it shall be put before the Court in this way, "Do you sustain the decision of the moderator?"

 

 

9. Privileged' motions are motions which take precedence over all other motions and are undebatable. They are as follows:

  a. order of the Day. The object is to determine the time when specific business will come before the Court. The clerk shall be alert to determine that there has not already been an order of the day established at that time.

  b. Adjourn. The object is to stop business immediately. It requires a second.

  c. To extend the time. The object is to continue business beyond the established time of adjournment. It requires a second. It may be amended and may be reconsidered.

 

10. The following motions must be decided without debate.

  a. To adjourn.

  b. To take up particular items of business or motions relating to the priority of business (Order of the day).

  c. To cut off debate (for the previous question).

 

11. The following motions require a two-thirds vote:

  a. To postpone indefinitely.

D41

i.再考の動議

その目的は、大会の同一会議で既に決 定された決議を再び、議場で取り上げるようにすることである。この再考についての動議は、その事柄について、先立つ決議において、多数の側に投票をした議 員によってのみ、為され、指示(セコンド)されることが出来る。この動議自体が論議の対象であり、その可決には単純過半数が要する。もし、動議が通過した ならば、元の動議は再び、論議と投票の対象として開かれたものとなる。

j. 財務委員会の行 動を要請する動議

財務委員会が資金の配分を求める提 案、又は、決定に対して何の決議を行なわず、、又は、その提案に対する修整をも行なわず、取り上げない場合にはその提案を為している局、又は、委員会ない しはその決議に署名をした者たち、彼らのうちの少なく2人のものはその決定に 対してもともとの提案、又は、決議を大会の議場が為すように動議を支持(セコンド)することが出来る。それは財務委員会の報告の直後に論議されなければな らない。

8.どのような時にも提起される動議 は以下の通りである。

a.秩序の維持の指摘

議場の一員は誰でもどのような時にも 割って入り、議長の注目を得ようとして秩序回復の指摘のために発言をします。(point of Order.)ということが出来る。議長は 「あなたの指摘する秩上の回復とは何ですか。(point of Order.)」と問い返す。秩序の回 復の場合としては動議に無しに議論が為されている場合、その動議に当てはまらない議論が為されている場 合、又は,発言者・議論がの礼節を欠く、深刻な場合、議長は発言者、又は、議論が秩序に反しているか判断しなければならない。

b.議長への訴え

議場のどのメンバーも1名の支持する者を得る 時には、議長のどのような決定にたいしても、訴え(抗議)をすることが出来る。議長は彼の決定に固執することも出来、議事委員たちにその問題を委任するこ とも出来る、もし議事委員たちの決定、又は、議長による決断が、尚、訴え続けられる場合には、議場の前にあなたは議長の決定を支持するか、否かについて問 われなければならない。

9.免責特権の動議はすべての動議に 優先するものであり、議論をとなうことのない動議であり、以下の通りである。

a.日程の順序の動議

その目的は議場にある、特定の議事 が、いつ取り上げられるかの時を定める動議である。書記はそれぞれの時点において、その日の日程の順序として定められた議事があるか、ないかを常に気をつ けていなければならない。

b.閉会の動議

その目的は直ちに議事を終わることで ある。この動議は1名の支持を要する。

c.時間延長の動議

その目的は閉会の時間として定められ た時を超えて、議事を継続することである。この動議には1名の支持を要する。そ の動議は修整されることも出来るし、再考されることも出来る。

10.議論無しに決定される動議は以 下の通りである。

a.閉会するための動議  b.議 事の優先性に関する動議 又はある特定の議事を取り上げる動議(日程の順序)  c.議論を 中断する動議(先決要求の動議)

11.三分の二の支持を要する動議は 以下の通りである。

a.決定の無期限の延期

 


  b. To lay on the table.

  c. For the previous question.

  d. To suspend the rules of order.

  e. To submit an overture.

 

 All other motions require a simple majority.

 

12. A member of the court may speak only once on the following:

  a. A question of order.

  b. Postponement for the present.

  c. Commitment.

 

    On all other questions a member may speak not more than twice except by permission of the court. He may speak only on the privilege. Each speech shall be no longer than ten minutes, except by permission of the court.

 

13. During debate the following motions only may be entertained with precedence in the order named:

a. To fix the time to which to adjourn. This may be amended as to time.

b. To adjourn. This is always in order, except when a vote is being taken or when a member is speaking.

c. To lay on the table or to postpone.

d. To postpone to a certain time. This may be amended as to time.

e. For the previous question.

f. To commit. This may be amended as to the committee and the accompanying instructions.

g. To substitute.

h. To amend.

14. A member who desires to speak must rise and address the moderator, and may not proceed until the moderator announces his name. The moderator shall give the floor to the one who first addresses him. If two or more address him at the same time, the one farthest from the chair shall be recognized.

15. Every member when speaking shall address himself first to the moderator, and then speak to the house in general, but he shall not address any member individually except through the moderator. He shall treat all members with decorum and respect and shall attend closely in his speech to the business in hand under consideration. Members of the Court shall attend closely to the business in hand and shall not engage in private conversation or in anything that may cause confusion or disorder. If a speaker acts in a disorderly manner, indulges in personal reflection, uses improper language, or deviates from the subject in hand, it is the privilege of any member and the duty of the moderator to call him to order. No speaker shall be interrupted unless out of order, or that mistakes may be corrected, or because the hour has arrived for the order of the day, or for recess, or adjournment. If interrupted for the latter reason he shall be entitled to continue when consideration of the subject is resumed.

D42

b.卓上に置く(一時的に棚上げする こと)動議

c.先決要求(先議及び、現在の論議 の中断)の動議

d.秩序規定の一時中断(文書提出期 限後の受け入れ決議等)動議

e.改正提言の全小会での投票付託動 議

それ以外のすべての動議は単純過半数 を要する。

12.議場の議員は以下の事柄につい ては、ただ一度だけ発言できる。

a.秩序についての問題

b.現在のものの延期

c.委任

それ以外の問題に関して議場の議員は 議場の許可無くしては,2回以上の発言 をすることは出来ない。議員はその事柄に関して語る特権によってのみ、発言するものである。

発言は議場の許可無くしては10分を超えるもので あってはならない。

13.論議に続く、議論の間には秩序 のための優先事項のみが割り込むことが出来る。

それは以下のごとくである。

a.閉会をする時を定めること。この 動議は時に関して修整されることが出来る。

b.閉会をすること。この動議は常に 秩序にかなうものであるが、投票が為されている途中、又、1名の議員が発言を為し ている途中には為すことが出来ない。

c.卓上に置く(棚上げする)又、延 期する

d.ある一定期間のうちに延期する。 この動議は期間に関しては修整されることは出来る。

e.議論を中断し,他の先決議案の決 議を要求する。

f.委任する。この動議については、 委任する相手の委員会、それに伴う大会に支持について修整することは出来る。

g.代替を示す。

h.修整する。

14.語ることを欲する議員は立ち上 がって、議長に対して発言をしなければならない。議長が彼の名前を告げるまでは、前に進み出てはならない。議長は最初に議長の名を呼んだものに対して、議 場での発言権を与えるべきである。同時に2人又それ以上の者が議 長に発言を求めた場合には、議長席より一番遠い席の者が指名されなければならない。

15..議員は誰でも発言する 時には、まず、第一に議長に対して発言を求めなければならない。その後、議場全体に語りかけるべきである。議員は議長を対して語りかける以外に他のどの議 員に対しても語ってはならない。発言する議員はすべての議員への礼儀と敬意を持って取り扱うべきであり、現在、検討されている途中である議事に対して彼の 発言を充分関わらせて語らなければならない。議場の議員達は現在進行している議事に充分な注意を払わなければならず、個人的な私語や、又は混乱や秩序違反 を引き起こすどのような事にも携わらないようにしなければならない。もし,発言者が秩序に反する態度を示して行動する場合、個人的な思いを抑制なく述べる 場合、又、不適切な言語を用いる場合、又、現在進行している主題から全くそれる場合、議場の誰でも、彼に対して秩序正しく事を行なうように求めることは特 権であり、議長にとっては義務である。発言者は秩序からそむくことがない限り、その発言を妨げられないし、又、誤りが修正されうる場合、その日の議事予定 の定刻がきた場合、又、休憩の時間になった場合、又、閉会の時間になった場合、その限りではない。もし、彼の発言が閉会等の理由で中断させられた場合に は、その主題についての検討が再開された時に、彼は発言を継続するべきものとされる。

 


16. Before putting any debatable question to vote, the moderator shall give opportunity for debate. The moderator shall require all speakers to limit their remarks strictly to matters germane to the motion before the house at the time. Synod may set a time limit on all speakers and speeches during the debate of a specific item of business. When opinion is sharply divided, the moderator shall see that time is shared as equitably as possible between representatives of both sides of the question. When the moderator has begun taking the vote, no further debate or remarks shall be admitted, unless evidently there has been a mistake.

 

17. The moderator shall not engage in the discussions of the court. If he desires to exercise his rights as a member temporarily, he may ask the clerk to preside. If he leaves the chair, he shall call upon a former moderator to preside until he returns.

 

18. The moderator shall decide all points of order. Any member may appeal from a decision and state his reasons. The moderator may reply without leaving the chair. There shall be no further debate, and without a motion a vote shall be taken on sustaining the decision.

 

19. In placing a motion before the court for a vote, the moderator shall repeat the motion or have it repeated. Following the vote, the moderator shall announce whether the motion carried or not. Special provisions are as follows:

 

a. Division. If the moderator is unable to decide which way the vote went, or if any member of the court calls for a division, the vote shall be taken by a standing vote. The clerks shall count the votes, and the moderator shall announce the decision.

b. Roll Call or Ballot Vote. One-fourth of the members present may request a recording of the aye's and nay's or may request a vote by ballot on any question. By common consent this record may be omitted from the   published minutes.

c. Vote of the Moderator. When the vote is by roll call or by ballot, the moderator shall vote with the other members. In no other cases shall he vote unless the court be equally divided. If he declines to vote, the motion is lost.

20. Members ought always to vote except for valid reasons. Unless excused by the court, non-voters must be considered as acquiescing with the majority. A member has no vote in the trial of a case in which he is involved.

 

21. The sessions of Synod shall ordinarily be open to the public, but the court may sit with closed doors on matters which, in its judgment, should not become common knowledge. It may be expedient to refer judicial cases to commissions, which shall try them according to the procedure laid down for Synod. To gain greater freedom of debate, Synod may resolve itself into a committee of the whole.

D43

16.議長は議論をすることが出来る と定められた事柄が附せられ前に議長は議論の機会を与えなければならない。議長はすべての発言者がその時、議場の前に置かれている動議の核心を取り扱うよ うに彼らの発言を厳密に制限するように要求しなければならない。大会(シノッド)はすべての発言者に対して時間の制限を定めることが出来、又、ある特定の 議事の事項についての論議のために為される発言に対して時間を定めることが出来る。意見が鋭く、分かれた時には、議長はその事柄に対する双方の代表する者 たちの間で可能な限り、平等に時間が分かち合われなければならない。議長が投票をすることを始めた時には、それ以上の議論が許されてはならない。但し、明 白にそこに誤りがある場合には別である。

17.議長は議場の論議には従事して はならない。もし、彼が議員として権利を行使したいと望むならば、彼は書記に対して議事を掌るように頼むことが出来る。もし、彼が議長席より離れなければ ならない事情が生じた時には、彼は彼が戻ってくるまで、前任の議長を議事を取るように求めるべきである。議長はすべての秩序に対する決定を下す。議員の誰 でも、その決定に対して、異議を申し立てることが出来、その理由を述べることが出来る。議長はその場合、議長席を離れることなく、応えることが出来る。そ の場合には更なる議論が為されたはならず、動議無しにその決定を、支持するか否かの投票が為される。

 

19.議場に対し、投票の動議が為さ れた場合には、議長は動議を反復して述べ、その動議を提案者に反復させる。議長はその動議が可決されたか否かを告知する。その際の特別な裁量は以下のごと くである。

 

a.分別  もし議 長が投票がどちらのほうに向いたかを決定することができない場合、又は、議場の議員の誰かが「分別してください。」と求めた場合には、起立投票によって為 されなければならない。書記はその投票数を数える。議長はその決定を告知する。

b.議員名簿に従った投票、又は、投 票用紙による投票  出席している議員の四分の一の支持があれば、各人の賛成と反対とを記録するように求めることが出来、又は、 どのような案件に関しても投票用紙による投票を求めることが出来る。しかし、一般的合意事項として出版される議事録からは省略される。

c.議長の投票  投票が 議員名簿による投票、又は、投票用紙による投票である場合には、議長は他の議員と共に投票する。他の場合には議場が賛否同数に分かれなければ議長は決して 投票しない。賛否同数である場合、彼は投票することを拒めば、その動議は失われる。

 

20.議員達は正当な理由がある場合 以外には、常に、投票をすべきである。議場によって許るされること場合以外、投票しないもの(棄権)は多数意見に対して無言のうちに受容したものと見なさ れる。ある議員が彼自身が事件の直接の当事者である審判については投票権を持たない。

 

21.大会の会議は通常の場合、会衆 に対して公開されているべきである。しかし、議場は議場自身の判断によって、一般に周知されるべきでない事柄については議場の扉を閉じて会合をすることが 出来る。司法的審判の場合、その委任委員会に付託する事が適切であることがある。委任委員会は大会が定めた過程に沿って、その審判を執り行われなければな らない。論議の自由を確保するために大会は大会自身が全体委員会となって審議することが出来る。


When the committee rises, its chairman shall report its conclusion to Synod, but any action of the committee to be of force must be passed by Synod.

 

   The glory of God, the welfare of the church, and the best interests of all its members shall be the ruling motives in all the actions of the courts of the church.

D44

 

委員会が閉会した時には、その議長は その結論を大会に対して報告するが、強制力を持つ委員会の決定も必ず、大会によって決議されなければならない。

 

神の栄光と教会の健全な繁栄とそのす べての会員にとっても真に益となる事柄とが、教会会議のすべての決定において支配的な動機でなければならない。

 


 


 [注1]陪餐停止中の者は入らない。

統計を数えるときには加える。

 [注2]委任状は数に入らない